ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 藤森 秀夫|安曇野ゆかりの先人たち

藤森 秀夫|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

藤森 秀夫の写真

拡大表示

藤森 秀夫
ふじもり ひでお

ドイツ文学者。「めえめえ児山羊」の作詞家。

生年月日1894年(明治27)
没年月日1962年(昭和37)
関連地域豊科(新田)
職業・肩書ドイツ文学者・詩人・教育者                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
活躍年昭和時代
ゆかりの分野文化(文芸)

 

経歴

豊科新田に生れました。松本中学校(現深志高等学校)、第一高等学校(東京大学の前身)を経て、東京帝国大学(現東京大学)文学部に入学し、1918年(大正7)にドイツ文学科を卒業しました。慶応義塾大学・明治大学のほか、熊本・富山・金沢の旧制高等学校で教え、晩年は、早稲田大学と明治大学で教壇に立ちました。やがて、ドイツ文学者として、ゲーテとハイネの研究の権威者となりました。「めえめえ児山羊」「山の娶御」「父さんどうど」「フリージア」「谷間の姫百合」等の民謡・童謡を作詞し、録音・放送され、今も全国の少年・少女たちに歌われています。1962年(昭和37)、68歳で病気のため亡くなり、1964年(昭和39)5月には、豊科中学校講堂南の「思索の庭」に「めえめえ児山羊」の詩碑が建てられました。

略歴譜

1894年(明治27)0歳豊科新田に生れる。
  松本中学校、第一高等学校を経て、東京帝国大学文学部に入学する。
1918年(大正7) ドイツ文学科を卒業する。
  慶応義塾大学・明治大学のほか、熊本・富山・金沢の旧制高等学校で教鞭をとる。晩年は、早稲田大学・明治大学で教壇に立つ。
  ドイツ文学者として、ゲーテとハイネの研究の権威者となる。
  「めえめえ児山羊」「山の娶御」等の民謡・童謡を作詞し、録音・放送される。
1962年(昭和37)68歳病気のため亡くなる。
1964年(昭和39)5月 豊科中学校講堂南の「思索の庭」に、「めえめえ児山羊」の詩碑が建てられる。

参考文献

南安曇郡誌第三巻下南安曇郡誌改訂編纂会/編安曇野市立図書館
豊科町誌豊科町誌編纂会/編安曇野市立図書館