ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 萩元 晴彦|安曇野ゆかりの先人たち

萩元 晴彦|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

萩元 晴彦の写真

拡大表示

萩元 晴彦
はぎもと はるひこ

テレビ創世期の名プロデューサー。長野オリンピックの開閉会式のプロデュースを担当。

生年月日1930年(昭和5)3月7日
没年月日2001年(平成13)9月4日
関連地域堀金(下堀。飯田市出身。)
職業・肩書プロデューサー
活躍年昭和時代
ゆかりの分野社会(報道出版)

 

経歴

飯田市馬場町に生れました。1953年(昭和28)、早稲田大学ロシア文学科を卒業して、ラジオ東京(現Tbs)に入社しました。翌年に制作した番組、「神これを癒し給う―心臓外科手術の記録―」が、民放祭番組コンクールラジオ教養部門で、第1位の郵政大臣賞を受けました。1971年(昭和46)に、Tbs社員と共にテレビマンユニオンを創立し、初代社長に就任して、日本で最初の3時間ドラマ「海は甦る」を制作しました。その後、サントリーホール初代総合プロデューサー・カザルスホールのプロデューサーを勤めて、小澤征爾・カラヤン等と共に活動を行い、1998年(平成10)には、長野冬季オリンピックの開・閉会式のプロデュースを担当しました。 

略歴譜

1930年(昭和5)3月7日0歳飯田市馬場町に生れ、幼少の頃に松本へ移る。
  自由学園に入学し、小学校から中学3年まで学ぶ。
1945年(昭和20) 疎開のため堀金烏川(下堀)に移り、松本中学校(現松本深志高校)に転校し、「展望」の創刊を契機に作家臼井吉見と出会う。
1949年(昭和24) 松本深志高校を卒業し、早稲田大学ロシア文学科に入学する。
1953年(昭和28) 早稲田大学ロシア文学科を卒業して、ラジオ東京(現Tbs)に入社する。
1954年(昭和29) 「神これを癒し給う―心臓外科手術の記録―」を制作し、民放祭番組コンクールラジオ教養部門で、第1位の郵政大臣賞を受ける。
1971年(昭和46) Tbs社員と共にテレビマンユニオンを創立し、初代社長に就任して、日本で最初の3時間ドラマ「海は甦る」を制作する。
1983年(昭和58) サントリーホールの初代総合プロデューサーに就任し、半年間のオープニング・シリーズを企画制作する。
 カザルスホールのプロデューサーとなり、開館で「ハイドン交響曲・全曲シリーズ」を企画し、3年で全曲演奏を完遂する。
1992年(平成4) 松本でコンサートを亡くなるまで、ほぼ毎年開催する。
1998年(平成10)2月67歳長野オリンピックの開・閉会式のプロデュースを担当し、五大陸を結ぶ「第九」合唱の宇宙中継を企画し成功する。
2001年(平成13)9月4日71歳病気のため、亡くなる。
2001年(平成13)12月12日 生前に企画していた「萩元晴彦ホームタウンコンサート・9」が、〔彼を偲ぶメモリアルコンサート〕として開催される。

参考文献

萩元晴彦著作集萩元晴彦/著安曇野市立図書館