ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 白沢 十松|安曇野ゆかりの先人たち

白沢 十松|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

写真はありません

白沢 十松
しらさわ とおまつ

南宗画家。教職の傍ら、書の研鑽を重ね、奉東書道展に発表する。

生年月日1891年(明治24)
没年月日1935年(昭和10)
関連地域穂高(等々力町)
職業・肩書南宗画家・書家
活躍年大正時代
ゆかりの分野文化(文芸)

 

経歴

穂高等々力町に生れました。本名は白沢義男といい、南宗画を能(よ)くしました。教師となり、傍ら書の研鑽(けんさん)を重ね、奉東書道展に作品を発表しました。1935年(昭和10)に亡くなりました。

略歴譜

1891年(明治24)0歳穂高等々力町に生れる。本名は義男という。
  教師となる。
  教職の傍ら、書の研鑽を重ね、奉東書道展に発表する。
  南宗画を能くする。
1935年(昭和10) 亡くなる。

参考文献

穂高町誌穂高町誌編纂委員会/編安曇野市立図書館