ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 百瀬 茂三郎|安曇野ゆかりの先人たち

百瀬 茂三郎|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

写真はありません

百瀬 茂三郎
ももせ しげさぶろう

天蚕飼育を成功させて、生産の拡大を図り、さらに天蚕種製造と販売に力を注ぐ。

生年月日1821年(文政4)
没年月日1873年(明治6)8月8日
関連地域穂高(古厩)
職業・肩書蚕業功労者
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野経済(産業)

 

経歴

穂高古厩に生れました。正真院原が天蚕飼育に適することを認め、上水内郡から種繭を調達して飼育に成功し、熱心にその拡張に努めました。初めは、収穫した繭を製糸が可能な安芸地方へ、安芸つむぎの原料として出荷しました。
その後、利益の多い天蚕種製造に転じ、製造販売量が年々増加し、飼育地は10ヘクタールに及びました。研究を続けて開発した天柞蚕用(てんさくさんよう)の蛾籠(がかご)が松本藩から表彰されました。1873年(明治6)8月8日に52歳で亡くなりました。1949年(昭和24)に、貞明皇太后が当場御視察の際、百瀬家当主夫妻が記念撮影に列席しました。

略歴譜

1821年(文政4)0歳穂高古厩に生れる。
  正真院原が天蚕飼育に適することを認め、上水内郡から種繭を調達して飼育に成功し、熱心にその拡張に努める。
  収穫した繭を製糸が可能な安芸地方へ、安芸つむぎの原料として出荷する。
  利益の多い天蚕種製造に転じ、製造販売量が年々増加し、飼育地は10ヘクタールに及ぶ。
  開発した天柞蚕用の蛾籠が、松本藩から表彰される。
1873年(明治6)8月8日52歳亡くなる。
1949年(昭和24) 貞明皇太后が当場御視察の際、百瀬家当主夫妻が記念撮影に列席する。

参考文献

南安曇郡誌第三巻下南安曇郡誌改訂編纂会/編安曇野市立図書館

関連画像

  • 関連画像