ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 望月 桂|安曇野ゆかりの先人たち

望月 桂|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

望月 桂の写真

拡大表示 © 撮影 菊地秀明

望月 桂
もちづき かつら

我が国初めての平民美術宣言をし、誰でも参加できる展覧会を開催。漫画家としても活躍。  

生年月日1886年(明治19)1月11日
没年月日1975年(昭和50)12月13日
関連地域明科(塔ノ原)
職業・肩書漫画家
活躍年大正時代
ゆかりの分野文化(芸術)

 

経歴

明科塔ノ原に生れました。1905年(明治38)3月、松本中学校(現深志高等学校)卒業を前に、上田から上京して彫刻家の書生となり、高村光雲・藤島武二の塾に通い、高村光雲の子、高村光太郎と画架を並べて勉強しました。1910年(明治43)3月、東京美術学校(現東京藝術大学)洋画科を卒業し、野沢中学に就職しました。1916年(大正5)5月、神田猿楽町に氷水屋「へちま」を開業し、久坂卯之助や渡辺政太郎・和田久太郎等を知りました。1922年(大正11)11月に、大杉栄との共著「漫文漫画」をアルスから出版しました。1928年(昭和3)、読売新聞社に入社し、犀川凡太郎の筆名で漫画を新聞に掲載しました。1933年(昭和8)にはフリーとなり、新愛知等四社連盟に議会漫画を描きました。1945年(昭和20)、疎開のため帰郷してからは、美術科教師や全国農地委員協議会の理事として活躍しました。

略歴譜

1886年(明治19)1月11日0歳明科塔ノ原に生れる。
1905年(明治38)3月19歳松本中学校卒業を前に、上田から上京して彫刻家の書生となり、高村光雲・藤島武二の塾に通う。
 高村光雲の子、高村光太郎と画架を並べて勉強する。
1906年(明治39) 東京美術学校洋画科を受験し、入学する。
1910年(明治43)3月24歳東京美術学校洋画科を卒業し、野沢中学に就職する。
1916年(大正5)5月30歳神田猿楽町に氷水屋「へちま」を開業し、久坂卯之助や渡辺政太郎・和田久太郎等を知る。
1922年(大正11)11月36歳大杉栄との共著「漫文漫画」をアルスから出版する。
1928年(昭和3) 読売新聞社長正力松太郎と会い、入社が決定し、犀川凡太郎の筆名で漫画を新聞に掲載する。
1933年(昭和8) フリーとなり、新愛知等四社連盟に議会漫画を描く。
1946年(昭和21)秋60歳東筑摩農民組合連合会ができ、組合長に推される。
1955年(昭和30) 松本松南高等学校の美術科教師となる。
1975年(昭和50)12月13日89歳亡くなる。作品の多くは、生家に保存されている。

参考文献

東筑摩郡・松本市・塩尻市誌別篇人名東筑摩郡・松本市・塩尻市/編安曇野市立図書館
明科町史明科町史編纂会/編安曇野市立図書館