ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 望月 直弥|安曇野ゆかりの先人たち

望月 直弥|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

望月 直弥の写真

拡大表示

もちづき なおや

禁酒会を相馬愛蔵らと共に創設。望月章斎の孫で、「雅章」の号を持つ日本画家。

生年月日1870年(明治3)
没年月日1918年(大正7)
関連地域穂高(神田町)
職業・肩書近代日本画家
活躍年明治時代
ゆかりの分野文化(芸術)

経歴

穂高神田町に生れ、本名は望月直弥といい、号は雅章といいました。祖父章斉、父硯斉に学びました。若くして上京し、橋本雅邦(横山大観の師)に就き、近代日本画の本道を学んで帰郷しました。荻原碌山は、雅章を通して中央画壇の趨勢(すうせい)を知り、狩野派の絵画理論を学び大きな感化を受けました。雅章は号を「雪陵」とも称し、力強い筆法で精神性の高い作風を示しました。代表的な作品に「三国志演義図」があります。また、相馬愛蔵、井口喜源治らとともに禁酒会を創設し、その中心的存在となりました。東穂高小学校で井口喜源治と教鞭をとりました。その頃に芸妓置屋設置反対運動が起りました。1918年(大正7)に亡くなりました。

略歴譜

1870年(明治3)0歳穂高神田町に生れる。本名は望月直弥という。
祖父章斉、父硯斉に学ぶ。
若くして上京し、橋本雅邦(横山大観の師)に就き、近代日本画の本道を学んで帰郷する。
荻原碌山は、雅章を通して中央画壇の趨勢を知り、狩野派の絵画理論を学び大きな感化を受ける。
雅章は号を「雪陵」とも称し、力強い筆法で精神性の高い作風を示す。
相馬愛蔵、井口喜源治らとともに禁酒会を創設し、その中心的存在となる。
東穂高小学校で井口喜源治と教鞭をとる。
芸伎置屋設置反対運動が起る。
1918年(大正7) 亡くなる。

参考文献

穂高町誌穂高町誌編纂委員会/編安曇野市立図書館
安曇野の美術丸山楽雲/編安曇野市立図書館
1993穂高町出身の芸術家総合遺作展総合遺作展実行委員会/編