ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 望月 伝市|安曇野ゆかりの先人たち

望月 伝市|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

望月 伝市の写真

拡大表示

望月 伝市
もちづき でんいち

初志を貫徹すべく、粘り強く運動して、田沢山の官有を民有に引戻し、300町歩の山林育成に専心努力する。

生年月日1870年(明治3)
没年月日1943年(昭和18)7月21日
関連地域豊科(田沢)
職業・肩書自治功労者
活躍年大正時代
ゆかりの分野経済(産業)

 

経歴

豊科田沢に生れました。1896年(明治29)から田沢山の乱伐・無届開墾による荒廃から田畑を守るため、田沢山の官有を民有に引戻す運動に奔走しました。1898年(明治31)5月、民有引戻申請書を関係筋へ提出しましたが、不許可となりました。その後、行政訴訟を提起し敗訴となりましたが、粘り強く運動を続けました。1917年(大正6)7月、上川手村ほか五か町村(豊科町・南穂高村・高家村・島内村・岡田村)及び四か町村山林組合を設立しました。翌1918年(大正7)、ついに田沢山の払下げが実現し、同年2月に同山林組合の常務委員となり、25年6か月、田沢300町歩の山林の育成に当りました。1924年(大正13)3月、上川手村村長に就任し、1928年(昭和3)2月まで4年間勤め、同山林組合の組合長も勤めました。1943年(昭和18)7月21日、73歳で亡くなりました。

略歴譜

1870年(明治3)0歳豊科田沢に生れる。
1896年(明治29) 田沢山の乱伐・無断開墾による荒廃から田畑を守るため、田沢山の官有を民有に引戻す運動に奔走する。
1898年(明治31)5月 民有引戻申請書を関係筋へ提出するが不許可となる。
 行政訴訟を提起するも敗訴となるが、粘り強く運動を続ける。
1917年(大正6)7月 上川手村ほか五か町村(豊科町・南穂高村・高家村・島内村・岡田村)及び四か町村山林組合を設立する。
1918年(大正7) 田沢山の払下げが実現する。
1918年(大正7)2月 同山林組合の常務委員となり、没するまでの25年6か月、山林の育成に当る。
1924年(大正13)3月 上川手村村長に就任し、1928年(昭和3)2月まで4年間勤める。同山林組合の組合長となる。
1943年(昭和18)7月21日73歳亡くなる。

参考文献

南安曇郡誌第三巻下南安曇郡誌改訂編纂会/編安曇野市立図書館