ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

個人情報保護制度の概要について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月22日更新

 市の実施機関が保有する個人情報の適正な取扱いの確保に関し必要な事項を定め、個人の権利利益を保護することにより、基本的人権の擁護及び公正で開かれた市政の確立を図るものです。

個人情報の取扱いは

個人情報の収集制限

  • 収集の目的を明らかにし、必要な範囲内で、原則として本人から収集します。
  • 思想、信条、宗教等に関する情報は、法令等に定めがあるときなどを除き、収集しません。

個人情報の利用及び提供の制限

  • 市の内部においても事務に必要な限度で使用し、かつ、使用することに相当な理由があると認められるときを除いて、目的以外の目的のために個人情報を利用しません。
  • 個人情報は、本人の同意や法令等の定めがあるときなどを除いて、市の外部には提供しません。

個人情報取扱事務登録簿とは

個人情報取扱事務登録簿一覧表

  • 市は個人情報を取り扱う事務について、個人情報保護条例に基づいて適正に取り扱い、また保護しなければなりません。
    そのためこれらの事務を明らかにする必要があるため、個人情報取扱事務登録簿を作成しています。
  • この個人情報取扱事務登録簿の一覧表を次のPDFデータでご覧いただけます。

 

 個人情報取扱事務登録簿(一覧表) [PDFファイル/1.89MB]

 一覧表の中の「記録項目」は、該当する事務に関し、次の個人情報を取り扱っていることを示します。

記録項目と内容
記録項目内容
基本事項整理番号、氏名、住所、本籍・国籍、生年月日・年齢、性別、電話番号
家庭生活家族の状況、親族関係、婚姻、住居状況、公的扶助
心身状況病歴、障害、心身状況
資産収入資産状況、収入状況、課税状況・納税状況、取引状況
社会生活職業・職歴、学業・学歴、資格、賞罰、成績・評価、趣味

個人情報取扱事務登録簿の閲覧

  • 個人情報取扱事務登録簿は閲覧できますので、希望される場合は、総務課庶務法規担当へお申出ください。

個人情報の開示請求ができるものは

市に自己の情報を保有されている方なら誰でも請求できます。

開示請求できる内容は

自己情報について、次のような請求ができます。

  • 開示請求   自己の個人情報についての閲覧又は写しの請求をするとき
  • 訂正請求   自己の個人情報について事実に関する部分に誤りがあるとき
  • 削除請求   自己の個人情報が条例の規定に違反して収集されたとき
  • 中止請求   自己の個人情報が条例の規定に違反して目的外利用又は外部提供されようとしているとき

開示できないことがある個人情報とは

  • 法令等の定めにより開示できないとされているもの
  • 個人の評価、診断、判定、指導、相談、選考等に関するものであって、開示することにより、当該評価、診断、判定、指導、相談、選考等に著しい支障が生ずるおそれがあるもの
  • 請求者以外の個人に関する情報が含まれている場合であって、開示することにより、当該個人に不利益を与えるもの
  • 法人等又は個人が有する競争上の地位その他不利益を与えることが明らかであるもの

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)