ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

入湯税

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月12日更新

入湯税とは

 観光振興や、消防活動に必要な施設の整備などに要する費用にあてるために設けられた目的税で、鉱泉浴場の入湯客に課税されます。

申告と納税

 鉱泉浴場経営者が、前月中に入湯客から徴収した入湯税を毎月末日までに申告し、納めることになっています。
 ただし、浴場の入浴料金には入湯税が含まれていますので、実際に入湯税を負担するのは入湯客です。

税率

入湯客1人につき
宿泊 (1泊) 150円
日帰り(1日) 50円

12歳未満の人や、共同浴場または一般公衆浴場に入湯する人などは課税が免除されます。