ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 計画・施策 > 安曇野ふるさと寄附 > 来ましょ 住みましょ 安曇野に ~移住交流促進プロジェクト~
トップページ > 分類でさがす > くらし > よくあるご質問 > その他 > 来ましょ 住みましょ 安曇野に ~移住交流促進プロジェクト~

来ましょ 住みましょ 安曇野に ~移住交流促進プロジェクト~

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

 長峰山からの眺望 

 

 生まれ育ったふるさとや、思い入れのある地に寄附を行うことで応援する「ふるさと納税」制度、安曇野市ではこれまで「安曇野ふるさと寄附」と題して、毎年多くの寄附者の方からご支援をいただいてまいりました。
 今回、当市では「来ましょ 住みましょ 安曇野に ~移住交流促進プロジェクト~」と題しまして、これまでのふるさと寄附に加え、クラウドファンディングによるふるさと寄附(※)を導入し、皆様からのご支援をお願いすることとしました。

  <<プロジェクト専用ページ(外部サイト)>><外部リンク>


※「クラウドファンディングによるふるさと寄附」とは、寄附金の使い道をより具体的にお示ししてふるさと寄付金を募集するものです。 

 

 

プロジェクト(第1弾)「みんなで創ろう!信州安曇野交流ベース」の募集概要

 

 人口約10万人の安曇野市は、毎年行われる地域ブランド(魅力度)調査で全国上位にランクインし、市民満足度調査でも8割を超える市民が住み続けたいと答えるなど、「来ましょ」「住みましょ」(※当地の方言)とついつい自慢したくなる自然豊かなまちです。また、豊かな自然環境を生かし、登山、ハーフマラソン、サイクリングやカヌーなどの自然を“愉(たの)しむ”スポーツによるまちづくりにも力を入れています。
 安曇野市では令和3年秋を目途に新総合体育館を整備します。芝生一面の開放的な公園に隣接して整備し、アクティビティの総合拠点、また、当市に来訪される方々との交流拠点となることを目指します。
 そして、この交流ベースを多様な交流の促進、さらには関係人口や定住人口の拡大のための礎としていきたいと考えています。今回はプロジェクトの第1弾として、「市民交流の促進」をコンセプトとするこの「みんなの体育館(交流ベース)」の整備費の一部をクラウドファンディング型ふるさと寄附により募集します。

  <<プロジェクト専用ページ(外部サイト)>><外部リンク>

 

  「来ましょ 住みましょ 安曇野に ~移住交流促進プロジェクト~」チラシ [PDFファイル/2.67MB]

   ※ダウンロードしてからご覧ください

 

 

鳥瞰図イメージ  

              鳥瞰図イメージ

 

メインアリーナイメージ

          メインアリーナイメージ

 

 

募集期間     :令和元年11月1日(金曜日) から 令和2年1月31日(金曜日)まで

目標金額     :500万円

寄附金の使い道:「展望ひろば」など、交流スペースとなる新総合体育館の整備費の一部に活用させていただきます

お礼の品     :○「ふるさと未来投資家」証書(市長からのお礼状)

           ○有森裕子スポーツ大使からのメッセージカード              

           ○3万円以上をご寄附いただいた方は、上記に加えて体育館内に「寄附者氏名入りネームプレート」を

            設置させていただきます。設置時期は体育館が完成する令和3年度を予定しています(対象者の方

            へは別途ご連絡させていただきます)。

                   木製ネームプレートイメージ図

                             木製ネームプレートイメージ図

                        (レイアウトや仕様は変更となる場合があります) 

     

     ※この寄附は、ふるさと納税の制度を利用しているため、安曇野市内在住の方には

      お礼の品を提供することができませんのでご了承下さい。

 

申込方法    :ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」内のプロジェクト専用ページよりお申し込みください
 

           <<ふるさとチョイス内プロジェクト専用ページ>><外部リンク>

 

 

展望ひろばイメージ  エントランスホールイメージ

           展望ひろば(イメージ)                         エントランスホール(イメージ)

 

 

 

事業に携わる方の思い(安曇野市スポーツ大使 有森裕子さん)

 

有森裕子スポーツ大使

 

 自然豊かで、山に囲まれた風景が印象的な安曇野市。信州安曇野ハーフマラソンに第1回からゲストとして参加させていただき、この大会に出会えたことに強い縁を感じています。そんなご縁から、自身初の「スポーツ大使」として委嘱をいただいています。
 市民の皆さんに安曇野の魅力を教えていただきながら、生活に根付く、健康増進の方法などを模索し、スポーツを通じて安曇野市を元気にしたい。
 そして、安曇野を起点として、日本全国を元気にしていきたい!そんな思いで安曇野市を応援しています。実際に安曇野を訪れると、おいしい水、おいしい空気、おいしい農産物にあふれ、地元の皆さんが「来ましょ 住みましょ 安曇野に」とおすすめしたくなる気持ちが本当によくわかります。ランニングはもとより、登山やサイクリング、カヌーなど、自然を愉(たの)しむスポーツによるまちづくりにチャレンジする安曇野市の取り組みを、ぜひ皆さんで応援してください。よろしくお願いします。 

 

 

※ふるさと寄附の仕組み等につきましてはこちらのページをご覧ください。

<安曇野ふるさと寄附のご案内>

 

 

 

 

 

このページを見ている人はこんなページも見ています


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)