ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > まちづくり > 協働 > 市民協働ワークショップを実施しました

市民協働ワークショップを実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月7日更新

「明日」のタネをまくのは「今日」。

 あづみ野がもっと暮らしやすい「まち」になるために何かしたい人。あづみ野でイキイキ暮らしたい人。誰かとつながりたい人。ぜひ、集まりましょう!!
 「協働」への理解を深めるためのワークショップです。
 未来のあづみ野に花を咲かせる種を「今日」まきませんか?

ワークショップ日程

 日  時場  所テ ー マ
【スケジュール】
第1回

7月23日(日曜)
9時30分から正午まで

豊科交流学習センター「きぼう」ホール

はじめまして、キョウドウ
オリエンテーション&グルーピング

第2回8月6日(日曜)
9時30分から正午まで
安曇野市役所本庁舎4階大会議室西

知ろう、あづみ野
課題や問題&魅力、資源は何?

第3回8月20日(日曜)
9時30分から正午まで
豊科交流学習センター「きぼう」ホール

描こう、あづみ野
解決・実現方法&理想像をえがく

第4回

9月10日(日曜)
9時30分から正午まで

豊科交流学習センター「きぼう」ホール動かそう、あづみ野
実現したい理想へのアクション
第5回

9月24日(日曜)
9時30分から正午まで

安曇野市役所本庁舎4階大会議室西創ろう、あづみ野
取り組む活動のプランをつくる
第6回

10月1日(日曜)
9時30分から正午まで

豊科交流学習センター「きぼう」ホール語ろう、あづみ野
発表とまとめ&「これから」に向けて

ワークショップ結果報告

第1回

1 市民生活部長のあいさつ

今、なぜ「協働」が必要なのか?社会的背景や地域における自治組織の歴史、行政との関わりの変遷など、安曇野市が推進する「協働のまちづくり」についてお話を聞きました。

2 オリエンテーション

ワークショップの進め方、ルールや心得をイラストを使いながらわかりやすく解説しました。

3 グループ分け

バースデーゲームによるグループ分けを行いました。

4 自己紹介

白紙にウソを1つだけ入れた自己紹介を4つ書き、グループ内でウソがどれかを当てっこしあいました。相手への関心が高まり、場の雰囲気がグッと和みました。

5 ワールドカフェ

「5年後、私(僕)は、あづみ野で何していたい?」をテーマに一人ひとりの想いを模造紙に書き、その想いを共有し、共感しました。参加者からは、「楽しかった」「若い人も多くて新鮮だった」「いろんな人と出会えてよかった」との感想をいただきました。

市民生活部長あいさつワークショップのルール

 第2回

1 あずみ野の良いところは?

一人ひとりが考えるあずみ野の良いところや魅力、資源をふせんに書き、グループ内で発表しあいました。そこで出た、あずみ野の良いところについて、なぜ良いのかを考えました。

2 あづみ野のちょっと困ったところは?

あずみ野のちょっと困ったところや弱み、問題点をふせんに書き、グループ内で発表しあいました。そして、なぜ弱みや問題なのかを考えました。

3 グループ分け

今まで出てきた意見をグループ分けし、まとめました。

第2回の様子

第3回

1 テーマ決め

前回のワークショップの中からこれから取り組んでみたいテーマを決めました。まず、1人1つテーマを考え、グループ内で2つに絞りました。各グループから出てきたテーマの中から、全員の投票により4つに絞りました。

【最終テーマ】
  ・ 農を中心に仲間作りをしていく(農を楽しむ)
  ・ 色んな世代が集える場所を
  ・ 安曇野の交通について全世代で考える機会を作りたい
  ・ たくさんの人に安曇野の”楽しい!”を発信しよう!!

2 グループ分け

4つのテーマの中から各自が取り組みたいテーマを選びました。

3 自己紹介

新しいグループになったため、「宝くじが当たったらどうする?」をテーマに自己紹介を行いました。

4 メインワーク

テーマを実現させるために何ができるのか、ふせんを使いながらたくさんのアイデアを出し合いました。

テーマ決め

第4回

1 アイスブレーク

2つのチームに分かれてボールリレーを行いました。ルールは、メンバー全員の両手がボールに触れること。いかに早くボールを渡せるか、チームで作戦を立てて競い合いました。

2 メインワーク

事業立案に向けて、具体的な話し合いに入りました。

第4回ワークショップ

第5回

1 メインワーク

企画書づくりに入りました。前回までに話し合ってきたことを具体的な事業としてどのようにやっていくかを考えました。主体は「私たち」です。まずは、自分が何をやりたいのか、何ができるのかを考えました。また、事業を行っていくうえで自分ができないことは何かを考え、誰とやるのか、協働の相手先を考えました。

第5回市民協働ワークショップ

 

第6回

1 メインワーク

前回の続きで、企画書を完成させました。

2 グループ発表

グループごとに完成した企画書を発表しました。

3 意見交換

他のグループの企画について、感想や意見を言い合いました。

4 参加者から一言

全6回のワークショップを通じた感想をいただきました。参加者からは「いろんな世代が集まり、話ができてよかった。」「安曇野のことを良くしたいと考えている人がこんなにもたくさんいると知り嬉しかった。」「有意義な時間になった。」との感想をいただきました。

5 これからの協働

市民生活部地域づくり課長より、各グループの企画の講評とこれからの協働についてお話を聞きました。

第6回ワークショップ①第6回ワークショップ②

事業報告書

市民協働ワークショップ2017事業報告書 [PDFファイル/25.41MB]

主催

E・BE・YAあづみ家、安曇野市

※平成29年度市民協働事業提案制度実施事業

このページを見ている人はこんなページも見ています


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)