ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

マイナンバーカードの交付を受けるには

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月6日更新

個人番号カード(表)
個人番号カード(表)

個人番号カード(裏)
個人番号カード(裏)

通知カードとマイナンバーカード(個人番号カード)について

マイナンバーカードと、マイナンバーカードの交付を受けるために必要になる通知カードの概要につきましては、次のリンク先をご覧ください。

マイナンバーカードの交付状況について

マイナンバーカードの交付申請を多くの方からいただき、申請から交付(交付通知書の発送)まで数ヵ月かかってしまった時期がございました。交付までの間長くお待ちいただいた方には、ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。

現在は、申請から交付(交付通知書の発送)までおよそ3週間から1ヵ月程度を見込んでおります

また、交付通知書を受け取った方でまだマイナンバーカードの交付を受けていない方は、市民生活部市民課までお越しいただきますようお願いいたします。平日開庁時間内に来庁するのが困難な場合は、次のリンク先をご覧ください。

交付申請を行った方が安曇野市から転出される場合はお問い合わせください

マイナンバーカードの交付を受けるまでに転出により市外へ住所が異動した場合は、転入先の市町村で再度交付申請を行うこととなり、カードの受け取りまで日数がかかることになります。

マイナンバーカードの交付申請を行い、カードを受け取る前に転出することが決まった方は、転出を届け出るまでの間に市民生活部市民課へ電話等でご相談ください。カードが市に届いていた場合は、転出の前に交付を受けることができます。

申請か交付のどちらかに窓口へ来庁していただく必要があります

 平成27年10月以降に、皆さまの住民票の住所または登録した居所宛てに通知カードと個人番号カード交付申請書が送付されますと、個人番号カード交付申請を行うことができるようになります。
 本人(15歳未満の方または成年被後見人を除きます)による交付申請は、次のいずれかの方法で行うことができます。

  1. 個人番号カード交付申請書を本庁舎市民課または各支所地域課の窓口に提出する(申請時来庁方式)
  2. マイナンバーカードを本庁舎市民課窓口で受け取る(交付時来庁方式)

 通知カードに同封された案内文書には上記1.についての記載がありませんが、安曇野市においては、皆さまに広くマイナンバーカードを取得していただくため、各支所地域課で交付申請の受付を行うことができるように対応いたします。

 なお、マイナンバーカードの交付手数料と、電子証明書の発行手数料は、いずれも初回無料となります。(紛失などで再交付を受けるときは手数料がかかります。)

1.個人番号カード交付申請書を本庁舎市民課または各支所地域課の窓口に提出する(申請時来庁方式)

  • 交付申請を市の窓口で行う際に本人確認と暗証番号の申出を行うことで、マイナンバーカードを本人限定受取郵便で送達を受けることができます。
  • この方法ですと、本庁舎以外の各支所で交付申請を行うことができます。
  • 通知カードに同封された案内文書には申請時来庁方式について記載がないようですが、安曇野市では交付申請を受け付けできるよう対応します。
  • 通知カードを紛失等のため持参できず、かつ顔写真付きの身分証明書をお持ちでない場合は、2回目の来庁が必要になりますのでご注意ください。

ステップ1(申請時来庁方式)

平成27年10月以降に、「通知カード」「個人番号カード交付申請書」が送付されます。

「通知カード」「個人番号カード交付申請書」が送付される図

ステップ2(申請時来庁方式)

次のものを持参して、本庁舎市民課または各支所地域課までお越しください。

  • 通知カード(上記ステップ1)
  • 個人番号カード交付申請書(上記ステップ1)
  • 顔写真 ※縦4.5センチメートル・横3.5センチメートルで、最近6ヶ月以内に撮影した無帽・正面・無背景の写真を1部ご用意ください。
  • 印章(認印) ※ゴム印・スタンプ印は使用できません。
  • 運転免許証など顔写真付きの官公署発行の本人確認書類
  • 上記の顔写真付き証明書に加え、健康保険証・年金手帳・高齢受給者証・医療機関の診察券などの本人確認書類

※顔写真付きの官公署発行の本人確認書類をお持ちでない方は、健康保険証などの本人確認書類を2点お持ちください。
※本人確認書類は、住所・氏名が住民票のものと一致しない場合は受付できない場合があります。書き換えがお済みでない方は、発行された機関で書き換えを済ませてからお越しください。
※通知カードを紛失等により提出できず、かつ顔写真付きの官公署発行の本人確認書類をお持ちでない方は、2回目の来庁が必要になりますのでご注意ください。

  • (お持ちの方のみ)住民基本台帳カード

ステップ3(申請時来庁方式)

平成28年1月以降、マイナンバーカードの交付準備が整いましたら、マイナンバーカードを本人限定受取郵便で送付いたします。

2.マイナンバーカードを本庁舎市民課窓口で受け取る(交付時来庁方式)

  • 交付申請を郵送またはWeb申請で行うことができます。
  • この方法ですと、申請の際に来庁することは不要ですが、個人番号カードの受け取りは本庁舎市民課に限られます。(各支所では交付できません。

ステップ1(交付時来庁方式)

平成27年10月以降に、「通知カード」「個人番号カード交付申請書」が送付されます。

「通知カード」「個人番号カード交付申請書」が送付される図

ステップ2(交付時来庁方式)

ステップ1の個人番号カード交付申請書に顔写真を貼り付け、必要事項を記入し押印して、同封の返信用封筒に入れてポストに投函してください。
※顔写真は、縦4.5センチメートル・横3.5センチメートルで、最近6ヶ月以内に撮影した無帽・正面・無背景の写真をご用意ください。

申請方法の図

また、上記の返信用封筒の投函によらず、スマートフォンやパソコンを用いてWeb申請を行うこともできます。

パソコンで申請する図

スマートフォンで申請する図

ステップ3(交付時来庁方式)

上記ステップ2の申請が終わり、平成28年1月以降、マイナンバーカードの交付準備が整いましたら、「個人番号カード交付通知書」を送付いたします。
次のものを持参して、本庁舎市民課窓口までお越しください。(各支所地域課ではマイナンバーカードを受け取れませんのでご注意ください。)
窓口で本人確認を行いましてから、カードの暗証番号を登録していただきます。

  • 通知カード(ステップ1)
  • 個人番号カード交付通知書(ステップ3)
  • 運転免許証など顔写真付きの官公署発行の本人確認書類1点、または健康保険証・年金手帳・高齢受給者証・医療機関の診察券などの本人確認書類2点

※本人確認書類は、住所・氏名が住民票のものと一致しない場合は受付できない場合があります。書き換えがお済みでない方は、発行された機関で書き換えを済ませてからお越しください。

  • (お持ちの方のみ)住民基本台帳カード

個人番号カード交付通知書のイメージ図

申請の方法が「2.交付時来庁方式」に限られる場合があります(法定代理人申請及び代理申請について)

15歳未満の方または成年被後見人の方は、法定代理人と一緒に窓口へお越しください(法定代理人申請について)

 次に該当する方は本人が直接マイナンバーカードの交付を受けることができませんので、その法定代理人が本人に代わって交付を受けることになります。
 この場合、申請の方法が「2.交付時来庁方式」に限られますのでご注意ください。また、法定代理人が本人を窓口に連れてきていただくことになります。

  • 15歳未満の方(法定代理人は親権者)
  • 成年被後見人(法定代理人は後見人)

法定代理人は、次のとおり申請等を行ってください。

  1. 上記「2.交付時来庁方式」により、法定代理人が申請を行います。
  2. 本人宛てに個人番号カード交付通知書が届いたら、法定代理人は本人同伴の上で市民課窓口に来庁いただき、本人に係る必要書類と合わせて次のものを提示してください。
  • 戸籍謄本・登記事項証明書など法定代理人の資格を証明する書類

※本人と法定代理人が同一世帯である場合や、本人の本籍地が安曇野市である場合は、戸籍謄本の提示を省略することができます。

  • 法定代理人の本人確認書類(顔写真入り官公署発行のものを含めた計2点)

※本人確認書類は、住所・氏名が住民票のものと一致しない場合は受付できない場合があります。書き換えがお済みでない方は、発行された機関で書き換えを済ませてからお越しください。

なお、15歳未満の方または成年被後見人の方が病気等で来庁できない場合は、下記の方法により交付を受けることができます。

病気等で来庁できない方は委任を行うことができます(代理申請について)

  病気、身体の障がい等やむを得ない理由により本人が来庁できない場合は、代理人にマイナンバーカードを交付することができます。ただし、申請の方法が「2.交付時来庁方式」に限られますのでご注意ください。

例えば、仕事・学業が多忙なため本人が来庁できないといった理由は、通常はやむを得ない理由と認められておらず、委任を行うことができませんのでご注意ください。

 やむを得ない理由により代理人に委任を行う場合は、次のとおり申請等を行ってください。

  1. 上記「2.交付時来庁方式」により、本人または法定代理人が申請を行います。
  2. 本人宛てに個人番号カード交付通知書が届いたら、本人は委任欄を含めて記入・押印して、代理人に渡してください。
  3. 上記2で指定された代理人または法定代理人は、本人に係る必要書類と合わせて次のものを市民課窓口に提示してください。
  • 本人に係る診断書・障害者手帳・入所証明書・入院証明書など、本人来庁が困難であることを証明する書類
  • 代理人の代理権を証明する書類(法定代理人は戸籍謄本・登記事項証明書などその資格を証明する書類、それ以外の方は本人が委任欄も含めて記入・押印済みの個人番号カード交付通知書)

※本人の本籍地が安曇野市である場合は、戸籍謄本の提示を省略することができます。

  • 代理人の本人確認書類(顔写真入り官公署発行のものを含めた計2点)
  • 申請者の本人確認書類(顔写真入り官公署発行のものを含めた計2点または顔写真入りのものを含めた計3点)

※本人確認書類は、住所・氏名が住民票のものと一致しない場合は受付できない場合があります。書き換えがお済みでない方は、発行された機関で書き換えを済ませてからお越しください。

外部リンク

マイナンバーカード総合サイト<外部リンク>