ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

住宅用雨水貯留施設設置補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月23日更新

平成29年度分の受付について

平成29年度住宅用雨水貯留施設設置補助金について、受付を4月3日(月曜日)から開始しました。
それ以前の受付はできません。ご注意ください。また、交付決定までは2週間程度かかる見込みです。
交付決定後に着工が可能となるため、余裕を持った申請をお願いします。
申請方法につきましては、以下の内容をご覧ください。

住宅用雨水貯留施設設置補助金

市では、雨水を有効利用する市民を支援し、地下水のかん養、雨水の流出抑制、災害時の生活用水の確保などを図り、循環型まちづくりを推進するため、雨水貯留施設を設置する人に予算の範囲内で補助金を交付します。
設置前の申請が必要になります。

対象施設

以下の要件を満たす施設が対象となります。

  1. 雨水を貯留する構造を持つもの
  2. 住宅の雨どい等に接続し架台などに固定して設置されているもの

対象者

以下の要件を満たす人が対象となります。

  1. 市税等の滞納がない人
  2. 自らが居住するための市内の住宅(事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねる住宅を含む)に対象施設を設置しようとする人
  3. 補助金交付申請をした年度内に対象施設の設置を完了することができる人

補助額

  • 対象施設の設置費用の2分の1
  • 限度額は以下のとおり
  1. 100リットル以上500リットル未満の場合:2万5千円
  2. 500リットル以上の場合:5万円
  3. 合併浄化槽等から転用する場合:5万円

 補助金の交付は1世帯あたり1基までです。
 補助額に100円未満の端数がある場合は、切り捨てになります。

申請様式等

01補助金等の交付を申請する場合

01-1補助金交付申請書

01-2納税状況等確認同意書

この他、添付書類として、以下のものが必要となります。

  1. 見積書および内訳書の写し
  2. 位置図・計画図
  3. 設置前の写真

申請時の注意事項

  1. 必ず施設の着工前に申請を行い、補助金交付決定後に着工をしてください。
  2. 交付決定は、申請を受け付けてから、2週間ほど要します。着工予定日まで余裕をもった申請をお願いします。

02対象施設の設置が完了した場合

02-1補助金実績報告書

この他、添付書類として、以下のものが必要となります。

  1. 領収書の写し
  2. 位置図・しゅん工図
  3. 設置後の写真

 実績報告時の注意事項
実績報告書は、対象施設の設置が完了した日から30日以内、または、この年度の3月末日のいずれか早い日までに提出してください。

03補助金の交付が確定した場合

03-1補助金交付請求書

 請求書提出時の注意事項

  1. 補助金の振りこみ口座は、申請者本人名義の口座を指定してください。
  2. 「交付確定日」が不明な場合は、空欄でご提出ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)