ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 健康・福祉・医療 > 健診・予防接種 > 長期療養により定期予防接種が受けられなかった方へ

長期療養により定期予防接種が受けられなかった方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月3日更新

予防接種法施行令の一部改正(平成25年1月30日施行)等により、長期にわたる療養を必要とする病気にかかっていたことなど、特別な事情があって対象期間内に定期接種ができなかった人で、一定の要件を満たす場合は、手続きを行ったうえで定期予防接種として公費助成により接種できます。

対象者

  1. 安曇野市に住民票がある者で、2.に該当することに加え、医師の判断や接種履歴等を総合的に判断のうえ弊市が認めた者。
  2. 長期にわたる療養を必要とする病気にかかっていたことなど、特別な事情があって対象年齢期間に予防接種が受けられなかった場合で、その病気が治癒するなど特別な事情のなくなった日から換算して2年以内の者。

ただし、BCGは3歳(4歳の誕生日前日)まで、小児用肺炎球菌5歳(6歳の誕生日前日)まで、ヒブ(インフルエンザ菌b型)は9歳(10歳の誕生日前日)まで、四種混合は14歳(15歳の誕生日前日)までの者。

申請方法と手順について

対象となる疾病が回復して、主治医から接種の許可が得られたら、お手続きください。

  1. 対象疾病に該当するかをご確認ください。
  2. 健康推進課(電話:0263-81-0726)へご連絡ください。
  3. 主治医に「長期療養後の定期予防接種申請書」の記入を依頼してください。(注意)文書料等必要な費用は、自己負担となります。
  4. 健康推進課に申請してください。持ち物:「長期療養後の定期予防接種申請書」(主治医による署名があるもの)・母子健康手帳・認印
  5. 申請後1週間から2週間で該当の定期予防接種接種券を交付します。
  6. 医療機関へ予約して接種してください。持ち物:接種券・母子健康手帳

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)