ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 健康・福祉・医療 > 健診・予防接種 > B型肝炎ワクチンの定期予防接種定期化について

B型肝炎ワクチンの定期予防接種定期化について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月1日更新

 予防接種法に基づき、B型肝炎ワクチンの予防接種が平成28年10月1日から定期接種となります。対象年齢などは、下記のとおりです。また、対象者には、個別で接種券・通知を送付します。

B型肝炎とは?B型肝炎ワクチンとは?

 B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染による肝臓の病気です。B型感染ウイルスの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウィルスの抵抗力(免疫)ができます。免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、まわりの人への感染も防ぐことができます。

対象者

平成28年4月1日以降に生まれた人

※HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児で、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与(抗HBs人免疫グロブリンを併用)を受けたことのある人は対象外です。

※B型肝炎ワクチンを任意接種として受けたことがある場合は、接種を受けた回数を定期接種の回数とみなし、残りの回数分を接種します。

接種期間

1歳の誕生日の前日までに3回接種(標準的な接種期間は生後2か月から9か月)

接種方法

1回目:生後2か月以降

2回目:1回目の接種から27日以上の間隔をあけて接種

3回目:1回目の接種から139日以上の間隔をあけて接種

実施医療機関