ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > ライフステージ > 高齢・介護 > 令和2年度 安曇野市一般介護予防教室のご案内
トップページ > 分類でさがす > くらし > 健康・福祉・医療 > 健康づくり > 令和2年度 安曇野市一般介護予防教室のご案内

令和2年度 安曇野市一般介護予防教室のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月26日更新

募集記事掲載の
広報発行日

教室名開催地域対象年齢運動強度開催時期回数

介護予防のための各種教室を開催しています

 市では、お年を重ねられた方々の、健康づくり、介護予防、フレイル(※1)・オーラルフレイル予防のため、また、社会交流の機会となるよう、各種介護予防教室を開催しています。

 教室へ参加して、心も体も健康になりませんか?

 参加者募集のお知らせや申込期間などについては、「広報あづみの」へ随時掲載します。

 各教室に関してのご質問などありましたら、担当までお気軽にご相談ください。
 

注意事項

・対象者は市内在住の方です。

・定員を超えた場合は、新規の方を優先させていただきます。
多くの方に参加していただく機会を確保するため、ご理解いただきますようお願いします。

・参加費用は無料となっています。
水分補給のための飲み物、教室により使用するバスタオルまたはヨガマットなどは、別途ご準備いただく場合があります。(詳細は教室お申し込み後にご案内させていただきます。)

・医師より、運動制限のある方はご参加いただけません。関節疾患がある方は、ご相談ください。

参加申し込みについて

・「広報あづみの」にて、参加者募集の記事を掲載します。(掲載予定は、以下の一覧を参照。)

・申し込み期間内に、介護予防担当へお電話いただくか、または市役所本庁舎11番窓口へお越しいただき、申し込みください。

・教室開始後であっても、定員に余裕がある場合は申し込みを受け付けます。介護予防担当までご相談ください。

・申し込み時に、体調面などについて、簡単におうかがいします。

新型コロナウイルス感染症感染予防対策を徹底して開催します。

新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、次のことを実施して、開催します。ご理解・ご協力をお願いいたします。

(1) 手指の消毒、マスクの着用
(2) 検温
(3) 教室参加前2週間以内の体調の聞き取り
(4) 教室参加前2週間以内の移動歴の聞き取り
(5) 参加者すべての方の連絡先の確認
(6) 常時の換気または定期的な換気の実施
(7) ソーシャルディスタンスの確保、教室時間の短縮

対策について、ご不安な場合、詳しく知りたい場合は、担当までお気軽に御相談ください。

令和2年度 介護予防教室一覧 (令和2年7月8日現在 開催決定分)

7月8日掲載足腰らくらく体操教室・夏コース穂高おおむね65歳以上弱め から
中程度
令和2年8月から
令和2年10月
8回
明科令和2年8月から
 令和2年9月
8回
豊科令和2年8月から
 令和2年10月
9回
7月22日掲載足腰らくらく
ステップアップ教室
穂高強め令和2年8月から
 令和2年11月
12回
11月4日掲載足腰らくらく体操教室・冬コース穂高弱め から
中程度
令和2年11月から
 令和3年2月
6回
11月4日掲載三郷令和2年11月から
 令和3年2月
6回
11月18日掲載
(予定)
豊科令和2年12月から
 令和3年3月
6回
7月8日掲載あづみのピンキラ体操教室
体力づくりコース
堀金おおむね65歳から
79歳まで
強め令和2年8月から
 令和2年11月
7回
7月8日掲載あづみのピンキラ体操教室
健康づくりコース
おおむね65歳から
79歳まで
中程度令和2年8月から
令和2年11月
7月8日掲載頭と体の若返り!
はつらつ脳活教室
豊科おおむね65歳から
75歳まで
中程度令和2年8月から
 令和2年12月
12回
11月4日掲載目指せ脳の若返り!
脳力アップ教室
穂高おおむね65歳から
75歳まで
中程度令和2年12月から
令和3年3月
12回
 

 
堀金
9月2日掲載シニア健康太極拳穂高おおむね65歳以上中程度令和2年10月から
令和2年12月
6回


 
豊科
エンジョイシニア!
実践おたっしゃ塾
穂高おおむね65歳以上弱め から
中程度
令和2年度は
中止となりました
7月8日掲載豊科令和2年8月から
 令和2年11月
12回
8月12日掲載明科令和2年9月から
 令和2年11月
11月4日掲載三郷令和2年12月から
 令和3年2月
7月22日掲載お口いきいきアップ教室豊科おおむね65歳以上運動なし令和2年9月から
令和2年12月
8回

穂高

運動なし
9月16日掲載三郷運動なし令和2年10月から
令和3年2月

※ 教室における運動の内容・強度により、対象年齢を定めています。対象年齢外の方は担当までご相談ください。

※ 年度当初における予定となります。事前の予告なく、変更となる場合があります。ご了承ください。

各教室の紹介

足腰らくらく体操教室

 

ロコモティブシンドローム(※2)の予防や、フレイルの予防を意識した教室です。

椅子に座ったまま行う運動を中心に、ストレッチや筋力トレーニングを行います。

歯科に関する講話を実施します。

 

明科教室

期間

講座数

令和2年8月から令和2年9月

全8回

会場

明科公民館

穂高教室

夏コース

期間

講座数

令和2年8月から令和2年10月

全8回

会場

穂高健康支援センター

豊科教室

夏コース

期間

講座数

令和2年8月から令和2年10月

全9回

会場

ふれあいホール

穂高教室

冬コース

期間

講座数

令和2年11月から令和3年2月

全6回

会場

穂高健康支援センター

三郷教室

期間

講座数

令和2年11月から令和3年2月

全6回

会場

三郷公民館

豊科教室

冬コース

期間

講座数

令和2年12月から令和3年3月

全6回

会場

ふれあいホール
対象

おおむね65歳以上

運動強度

弱めから中程度

講師

社会医療法人 城西医療財団
城西病院 健康運動指導士

  または

公益社団法人 長野県柔道整復師会

(会場により異なります。)

その他

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、
1教室の講座数を変更して開催します。

それに伴い、実技の時間を十分に確保するため、体力測定は実施しません。ご了承ください。

 

足腰らくらくステップアップ教室

 

ロコモティブシンドローム(※2)の予防や、フレイルの予防を意識した教室です。

日頃から運動を習慣的に行っている方向けに、さらにステップアップを目標とした教室となっています。

ストレッチや筋力トレーニングだけでなく、ウォーキングなどを行います。

全12回の中で、歯科に関する講話を実施します。

また、初回と11回目には、体力測定を実施し、筋力や柔軟性を知ることができます。

期間

講座数

令和2年8月から令和2年11月

全12回

会場

穂高健康支援センター

対象

おおむね65歳以上

運動
強度

強め

講師

松本大学 地域健康支援ステーション

健康運動指導士

その他

ステップアップ教室のため、次に該当する方を対象としています。


(1) 過去に足腰らくらく体操教室に参加し
    たことがある方
(2) 立位で運動ができる方
(3) 15分以上続けて歩くことができる方
(4) 週2回以上、1回30分程度の運動を
   1か月以上継続的に行っている方

関節に強い痛みがある方は、安全のためご遠慮ください。 
 

 

あづみのピンキラ体操教室

 

松本大学根本教授のゼミ生である現役大学生が中心となり、運動指導を行う教室です。学生たちの若さ溢れる活気と笑顔が大変好評です。

ストレッチや筋力トレーニングを中心とした内容となっています。

体力づくり
コース

期間

講座数

令和2年8月から令和2年11月

全7回

会場

堀金総合体育館

対象

おおむね65歳から79歳まで

運動強度

強め

健康づくり
コース

期間

講座数

令和2年8月から令和2年11月

全7回

会場

堀金総合体育館

対象

おおむね65歳から79歳まで

運動強度

中程度

講師

松本大学 根本教授ゼミナール ゼミ生その他

運動強度を高めに設定しているため、どちらのコースも次に該当する方が対象となります。

(1) 立位で体操が可能な方
(2) 15分程度の継続した歩行が可能な方

 

なお、「体力づくりコース」は、
(1) 過去にあづみのピンキラ体操教室に参加し たことがある方
(2) 週2回以上、1回30分程度の運動を1か月以上継続的に行っている方

が対象となります。

 

 

頭と体の若返り!はつらつ脳活教室

 

認知症予防に注目した教室です。

シナプソロジー®(運動をしながら、暗算や脳トレを行うなど)を用いた内容が中心となっているため、楽しみながら認知症予防を目指す教室となっています。

 

期間

講座数

令和2年8月から令和2年12月

全12回

認知機能検査(ファイブコグ検査)会  2回(8月・2月)

認知機能検査結果説明会 1回 (2月)

会場

豊科ふれあいホール

検査会:安曇野市役所 本庁舎

対象

おおむね65歳から75歳まで

運動強度

中程度

講師

株式会社ルネサンス
スポーツクラブ ルネサンス松本

その他

15分程度の継続した立位による運動が可能な方。

 

頭と体の若返り!脳力アップ教室

認知症予防に注目した教室です。

多重課題運動(運動をしながら、暗算や脳トレを行うなど)を用いた内容が中心となっているため、楽しみながら認知症予防を目指す教室となっています。

 

穂高会場

期間

講座数

令和2年12月から令和3年3月

全12回

会場

穂高健康支援センター または 

穂高地域福祉センター

堀金会場

期間

講座数

令和2年12月から令和3年3月

全12回

会場

堀金総合福祉センター

 

対象

おおむね65歳から75歳まで

運動強度

中程度

講師

未定

その他

15分程度の継続した立位による運動が可能な方

エンジョイシニア!実践おたっしゃ塾

 

介護予防に関してやフレイル予防に関しての知識を幅広く身につけるとともに、実践へつなげていくことを目的とした教室です。

全12回(注)の教室のうち8回以上は、ストレッチや筋力トレーニングの運動実技を実施します。

フレイル予防や、高齢期における栄養や歯科に関すること、お薬や内服について、認知症予防などの講話を多数開催しています。

 

穂高教室期間

中止

会場

穂高地域福祉センター

豊科教室期間

令和2年8月から令和2年11月

会場

地域支え合いセンターあんしん

明科教室期間

令和2年9月から令和2年11月

会場

明科総合福祉センターあいりす

三郷教室期間

令和2年12月から令和3年2月

会場

三郷福祉センター

対象

おおむね65歳以上

運動強度

弱めから中程度

講師

(豊科教室)
NPO法人 JAあづみ
くらしの助け合いネットワークあんしん

(穂高・明科・三郷)
安曇野市社会福祉協議会

その他

 

 

シニア健康太極拳教室

 

太極拳実技を中心に、姿勢や呼吸、体をほぐすことを意識した、太極拳初心者の方向けの教室です。

太極拳は、転倒予防に効果があるといわれています。

全8回の中で、歯科に関する講話を実施します。

※今年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、1教室の講座数を変更して開催します。

 それに伴い、実技の時間を十分に確保するため、体力測定は実施しません。ご了承ください。

穂高会場

期間

講座数

令和2年10月から令和2年11月

全8回

会場

穂高会館 講堂
豊科会場

期間

講座数

令和2年10月から令和2年11月

全8回

会場

豊科ふれあいホール
対象

おおむね65歳から79歳まで

運動強度

中程度

講師

日本健康太極拳協会安曇野支部その他

 実技のほとんどを立位で行うため、長時間の立位を保持するのが難しい方には不向きです。

 

お口いきいきアップ教室

 

フレイル・オーラルフレイル予防を目的とし、お口の健康について学ぶための教室です。

お口に関する相談だけでなく、口腔機能の維持・向上のためのお手入れ方法などを学びます。

※今年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、
 講座所要時間を変更して開催します。

それに伴い、お口の体操以外の、全身を使う体操は実施しません。ご了承ください。

豊科教室期間

令和2年9月から令和2年12月

会場

豊科保健センター

穂高教室期間

令和2年9月から令和2年12月

会場

穂高健康支援センター

三郷教室期間

令和2年10月から令和3年2月

会場

三郷公民館

対象

おおむね65歳以上

運動強度

弱めから中程度

講師

長野県歯科衛生士会

その他

全8回の教室となっています。

※1 フレイルとは

 フレイル(Frailty)とは、日本老年医学会により2014年5月に提唱された言葉で、「加齢に伴う予備能力低下のため、ストレスに対する回復力が低下した状態」(フレイル診療ガイド2018年度版より引用)と定義されています。
 フレイルの状態をそのままにしておくと心身の機能がさらに低下して健康障害を招き、要介護に陥る危険が高くなります。しかし、フレイルに早く気づき、適切に対応することで、改善が図れることが分かっています。

 また、「口腔機能(口の働き)が衰えた」状態は、オーラルフレイルといわれ、わずかな衰えが、フレイルの入り口と言われています。
 お口の機能低下も、早めに気づいて対応することで、お口の機能低下だけでなく、フレイルの予防となります。

 

※2 ロコモティブシンドロームとは

 ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは、骨や関節、筋肉といった運動器の衰えが原因となり、「立つ」や「歩く」といった機能が低下している状態のことをいいます。
 ロコモティブシンドロームは進むことで、日常の生活での動作が制限され、さらに悪化すると支援や介護が必要な状態となり、自立した生活が困難となります。
 要支援や要介護になる原因では、骨折や転倒、関節の病気が多くを占めており、両者を足すと支援・介護が必要となった原因における割合が最も高くなっています。

このページを見ている人はこんなページも見ています