ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

後期高齢者医療制度の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月24日更新

 満75歳以上の人は長野県後期高齢者医療広域連合を保険者とする後期高齢者医療に加入しなければなりません。75歳の誕生日から自動的に切り替わりますので手続きの必要はありません。
 ただし、65歳以上で一定の障害がある人も加入することができます。
 後期高齢者医療が負担している医療費は、皆さんから納めていただく保険料と国・県・市からの負担金、後期高齢者支援金でまかなわれます。

手続き

満75歳以上の人の手続きの必要はありませんが、65歳以上で一定の障害がある人はお近くの総合支所で手続きをしてください。

必要なもの

印鑑
障害の程度が確認できる書類(身障手帳、療育手帳、障害年金など)
健康保険証(国民健康保険に加入している人)

申請期間

一定障害以上になったとき
詳しくは「後期高齢者(長寿)医療制度について」をご覧ください。