ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 後発医薬品(ジェネリック医薬品)を利用しましょう

後発医薬品(ジェネリック医薬品)を利用しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月1日更新

 ジェネリック医薬品を利用することによって、医療費が節約できます。なお、利用については医者や薬剤師にご相談ください。
 政府広報インターネットTV「徳光&木佐の知りたいニッポン!」において、ジェネリック医薬品の普及啓発番組が平成27年11月16日に掲載されました。

ジェネリック医薬品の特徴

同じ成分・同じ効き目で先発医薬品と同等になります

 ジェネリック医薬品は、最初に作られた薬(先発医薬品)の特許期間が過ぎてから作られた薬です。その成分や効き目、安全性は厚生労働省により認められています。

研究開発費等が少ないため、薬価が低く設定されています

 ジェネリック医薬品は先発医薬品の長年にわたる臨床使用経験等を踏まえて開発、製造されています。そのために、研究開発に要する費用が少なくて済むことから、薬価が低く設定されています。
 このことから、ジェネリック医薬品の使用促進により、医療の質を落とすことなく医療費を軽減することができます。

ずっと使われている薬なので安心です

 ジェネリック医薬品の基となる先発医薬品は、長い期間使われている薬です。この使用経験により、有効性や安全性に関する評価が既に確立しています。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)