ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 被保険者が死亡したときは(後期高齢者医療制度)

被保険者が死亡したときは(後期高齢者医療制度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月19日更新

被保険者が死亡したとき、葬祭を執行された人(喪主)に対して、葬祭費として5万円を支給します。
また、死亡した被保険者の高額療養費の支給、保険料の還付は、相続人に対して行います。

手続きの方法

保健医療部国保年金課(本庁舎1階10窓口)または各支所地域課地域担当窓口で申請してください。

持ち物

印章・保険証・預金通帳

申請にあたって

被保険者が死亡した場合、他の医療給付用に登録されている口座が凍結される可能性があります。『葬祭費支給申請書』に併せて『誓約書兼振込口座届』の提出が必要です。また、申請者以外の口座に振り込む場合は『委任状』も必要になります。