ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

親元就農支援金

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月6日更新

親元就農支援金

親元就農支援金の平成29年度の募集をします。

趣旨

田園産業都市構想を掲げる安曇野市は、農業従事者の高齢化や後継者不足が進む中、農地を保全し農村機能を維持しながら農業生産力を向上させることが課題です。

特に新規就農者を確保・育成することが、この課題解決につながるものととらえ、時代を担う認定農業者の後継者に対する支援を実施します。

親元就農支援金交付事業

事業の概要

親元就農者及び親元就農者とともに農業に従事する配偶者に対し、定額の支援金を交付します。

交付額 年額20万円(最長5年間)

交付の可否は、関係者による判定会を設け、地域への貢献度等を審査した上で決定します。

(関係者:農業委員、JA職員、普及センター職員等)

対象者
  1. 親元就農者(認定農業者の2親等以内の直系卑属で、次の要件すべてを満たす者)
  • 市内に住所を有し、かつ市内において農業経営を行う者
  • 年間農業従事日数が200日以上である者(1日8時間の従事で日数換算し、作業日誌等の記録で確認します。)
  • 就農日における年齢が55歳未満の者
  • 就農日が平成18年4月以降の者
  • 前年の所得が500万円未満の者

   2. 1の配偶者で上記の要件のすべてを満たす者

申請に必要な書類
  •  交付申請書
  • 平成28年度農業従事簿
  • 最新の所得証明書
  • 地域貢献確認書
申請締め切り(昨年度までに交付されている方)

平成29年7月28日金曜日

新規申請締め切り

予算が終了し次第締め切ります。

申請書ダウンロード

交付申請書 [Wordファイル/24KB]

地域貢献確認書 [Wordファイル/21KB]

農業従事簿 [Excelファイル/23KB]