ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

美術館・博物館

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月16日更新

安曇野にはたくさんの美術館があります。皆さんのお気に入りの空間をぜひみつけてみてください。

高橋節郎記念美術館
臼井吉見文学館

市立美術館・博物館電話番号(0263)営業時間休館日展示・収蔵・備考
美術館・博物館一覧
安曇野市豊科近代美術館<外部リンク>73‐56389時から17時
(入館は終了30分前まで)
月曜日と祝祭日の翌日。
年末年始
高田博厚の彫刻作品、宮芳平の絵画作品、
小林邦のデッサン・スケッチブックなど
(アートライン加盟館)
田淵行男記念館<外部リンク>72‐99649時から17時
(入館は終了30分前まで)
月曜日と祝祭日の翌日。
年末年始
山岳写真家:田淵氏の現存する作品のほぼ大半
氏の愛用品など
(アートライン加盟館)
安曇野高橋節郎記念美術館81‐30309時から17時月曜日と祝祭日の翌日。
年末年始
漆芸術家:高橋氏の作品
氏の生家と蔵(国の登録有形文化財)が隣接している
(アートライン加盟館)
安曇野市豊科郷土博物館<外部リンク>72‐56729時から17時
(入館は終了30分前まで)
月曜日と祝祭日の翌日。
年末年始
豊科地区の自然・歴史・民俗・文化の資料
安曇野市穂高郷土資料館83‐8844
71-2000(冬季)
教育委員会文化課
8時30分から17時月曜日と祝祭日の翌日。
年末年始
1月から2月まで冬季休館
安曇野の開発の歴史・産業について
人々の暮らしに関連する資料など
安曇野市天蚕センター<外部リンク>83‐38359時から17時
※11月から3月は15時まで
月曜日と祝祭日の翌日。
年末年始
天蚕糸の歴史、資料など
貞享義民記念館77‐75509時から17時月曜日と祝祭日の翌日。
年末年始
多田加助を首領とする義民騒動に関する資料など
臼井吉見文学館72‐67439時から17時
(入館は終了30分前まで)
月曜日と祝祭日の翌日。
年末年始
臼井吉見氏の愛用の品々や生原稿など
飯沼飛行士記念館<外部リンク>72-90459時から17時月曜日と祝祭日の翌日。
年末年始
飯沼正明飛行士の数々の資料、遺品等の公開など
安曇野市穂高陶芸会館<外部リンク>82‐67509時から17時(4月から10月)
9時から16時(3月、11月12月)
月曜日と祝祭日の翌日。
冬季(12月26日から2月末日)
中信地方で江戸時代より使用されていた民芸陶器「信斎焼」「洗馬焼」「入道焼」を70点あまり、常設展示
アートライン加盟館(市内)問合せ先営業時間休館日展示・収蔵・備考
アートライン加盟館一覧
国営アルプスあづみの公園<外部リンク>71‐55119時30分から17時(7月8月は18時まで、11月から2月は16時まで)月曜日(祝祭日のときは翌日)、元日様々な体験が出来る遊びと自然のフィールド・ミュージアム
IIDA・KAN<外部リンク>83‐680010時から16時なし飯田善國の彫刻と油彩絵画の展示
BANANA MOON<外部リンク>83‐88389時30分から17時水曜日(祝祭日のときは翌日)
大型連休は無休・冬季休館あり
『週刊新潮』表紙絵を連載する成瀬政博の作品展示
安曇野ビンサンチ美術館<外部リンク>83‐598310時から17時(入館は16時)
金・土・日・祝日
月・火・水・木、冬季休館(11月から4月)ふくろうとミクロアートの展示
碌山美術館<外部リンク>82‐2094ホームページ参照
(季節により異なるため)
ホームページ参照荻原守衛(碌山)の作品と資料
碌山と関係の深い芸術家の作品
安曇野ジャンセン美術館<外部リンク>83‐65849時から17時(4月から11月)
10時から16時(12月から3月)
火曜日(祝日・GW・8月は除く)ジャンセンの油彩・水彩・デッサン・リトグラフ
・エッチングなどの作品
安曇野山岳美術館<外部リンク>83‐474310時から16時水曜日と木曜日(祝祭日は開館)冬季休館12月から3月山岳絵画を展示
絵本美術館森のおうち<外部リンク>83‐56709時30分から17時(入館は16時30分まで)木曜日(祝祭日のときは振替)
8月は無休
2月は水・木休館
宮沢賢治の作品を通して様々なテーマを発信
企画展もあり
安曇野アートヒルズミュージアム<外部リンク>83‐51009時から18時
※11月から2月は17時まで・12月から2月は16時まで(入館は終了1時間前まで)
毎週火曜日
※ガラスショップは12月から2月の火曜日休館のみ
エミールガレの工芸作品など

休館日・営業時間などは変更になる場合がございます。詳細は直接施設へお問い合わせください。

碌山美術館
豊科近代美術館