ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

[雪形] 北アルプス(1)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月28日更新

北アルプスで見ることができる雪形の位置図

[ネガ型]・・・白い雪の中に現れる岩肌によって形作られる雪形
[ポジ型]・・・岩肌の上に白い残雪により形作られる雪形

それぞれの雪形に関するお問い合わせは、雪形が見える市町村へお願いします。

4. 嫁岩 (白馬乗鞍岳)

嫁岩(白馬乗鞍岳)の雪形

白馬乗鞍岳南面の雪が解けた部分に、3人のお嫁さんの姿が現れる。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス白馬連峰 白馬乗鞍岳の南面
  • 見える場所・時期  小谷村・栂池高原 5月中旬から6月中旬

5. 鶏 (白馬乗鞍岳)

鶏(白馬乗鞍岳)の雪形

数少ないポジ型の雪形で、大きな残雪がつくる鶏が東方を向いている。 [ポジ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス白馬連峰 白馬乗鞍岳の南面
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 4月下旬

6. 種まき爺さん婆さん (大日岳(小蓮華山))

種まき爺さん婆さん(大日岳(小蓮華山))の雪形

婆さんは腰をかがめて種をまき、爺さんはカゴを背負っている姿が見られる。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス白馬連峰 大日岳(小蓮華山)の南面
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 5月上旬

7. 仔馬 (大日岳(小蓮華山))

仔馬(大日岳(小蓮華山))の雪形

わら細工の馬のような姿の黒い雪形で、次第に形が整い、たてがみも日を追って立派になってゆく。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス白馬連峰 大日岳(小蓮華山)の東端稜線直下
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 4月中旬

8. 種まき爺 (大日岳(小蓮華山))

種まき爺(大日岳(小蓮華山))の雪形

仔馬の雪形の左下方に、笠をかぶった種まき爺の黒い雪形が現れる。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス白馬連峰 大日岳(小蓮華山)の南面
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 5月上旬から中旬

9. 代掻き馬 (大日岳(小蓮華山))

代掻き馬(大日岳(小蓮華山))の雪形

標高2,600メートルあたりに黒い馬の形が現れる。頭を南に向け、尾が跳ね上がり、背には鞍が置かれている。代掻きを行う時期の指標となるとともに、白馬の名の由来となった雪形。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス白馬連峰 白馬岳と大日岳の鞍部下
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 5月上旬

10. 雄馬 (白馬岳)

10. 雄馬 (白馬岳)

白馬岳本峰頂上付近の雪の解けた部分に、駒(馬)の形が現れる。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス白馬連峰 白馬岳頂上付近
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 5月上旬から中旬

11. 花立岩 (白馬連峰 鑓ヶ岳(やりがたけ))

花立岩(鑓ヶ岳(やりがたけ))の雪形

花立とは花瓶のことで、花瓶を逆さにしたような形の雪形が現れる。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス白馬連峰鑓ヶ岳(やりがたけ)
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 5月上旬から中旬

12. 双鶏(雌雄二羽)  (白馬連峰 鑓ヶ岳(やりがたけ))

双鶏(雌雄二羽)(鑓ヶ岳(やりがたけ))の雪形

雪が解けた部分に、つがいの鶏の頭部分の形が現れる。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス白馬連峰鑓ヶ岳(やりがたけ)南寄り
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 5月下旬から6月上旬

13. 鶴首 (白馬連峰 鑓ヶ岳(やりがたけ))

鶴首(鑓ヶ岳(やりがたけ))の雪形

5月になると一条の黒い筋が現れ、やがて鶴の首のようになり、胴の部分も現れる。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス白馬連峰鑓ヶ岳(やりがたけ)南下
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 5月中旬