ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

[雪形] 北アルプス(2)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月28日更新

北アルプスで見られる雪形の位置図

[ネガ型]・・・白い雪の中に現れる岩肌によって形作られる雪形
[ポジ型]・・・岩肌の上に白い残雪により形作られる雪形

それぞれの雪形に関するお問い合わせは、雪形が見える市町村へお願いします。

14. そばまき爺 (八方尾根)

そばまき爺 (八方尾根)の雪形

長野県の雪形としては最も現れるのが遅い雪形。 [ポジ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス八方尾根の南面
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 7月下旬から8月上旬

15. 手斧打ち (八方尾根)

手斧打ち (八方尾根)の雪形

手斧(ちょうな)を握り腰をかがめて作業している左向きの人の姿で、姿が完成してから崩れるまでの1週間ほどしか見られない。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス八方尾根の南面(八方池山荘の下方)
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 5月上旬

16. 八の字 (八方尾根)

八の字 (八方尾根)の雪形

八方池山荘付近に感じの「八」の字に雪の形が残ります。 [ポジ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス八方尾根の南面(八方池山荘付近)
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 6月上旬

17. 御菱(武田菱) (五龍岳)

御菱(武田菱)(五龍岳)の雪形

  • 雪形が現れる山 北アルプス五龍岳
  • 見える場所・時期  白馬村・白馬山ろく一帯 4月上旬

18. 獅子 (鹿島槍ヶ岳)

獅子 (鹿島槍ヶ岳)の雪形

鹿島槍ヶ岳吊り尾根の直下に、山を駆け下る獅子の姿が現れる。 [ポジ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス鹿島槍ヶ岳
  • 見える場所・時期  大町市一帯 4月下旬から5月上

19. 鶴 (鹿島槍ヶ岳)

鶴 (鹿島槍ヶ岳)の雪形

鹿島槍ヶ岳南峰直下、ダイレクト尾根に、首を伸ばし飛び立とうとしている鶴の姿が現れる。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス鹿島槍ヶ岳
  • 見える場所・時期  大町市一帯 4月下旬から5月中旬

20. 種まき爺さん (北の爺さん) (爺ヶ岳)

種まき爺さん (北の爺さん) (爺ヶ岳)の雪形

笠をかぶりザルを抱えた姿が、やがて雪解けが進むにつれ鍬を担いだ大柄な姿へと変化していく。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス爺ヶ岳南峰と本峰の鞍部直下
  • 見える場所・時期  大町市常盤 4月中旬から5月上旬

21. 種まき爺さん (爺ヶ岳)

種まき爺さん (爺ヶ岳)の雪形

農耕暦において、苗代に種をまく適期を知らせる役割を担ってきた雪形。 [ネガ型]

  • 雪形が現れる山 北アルプス爺ヶ岳
  • 見える場所・時期  安曇野市穂高から大町市一帯 3月下旬から4月下旬