ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

白鳥飛来情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月7日更新

安曇野の冬の風物詩である、白鳥の飛来を2018年10月19日に確認しました。
初めて白鳥が安曇野へ訪れてから今年は35シーズン目です。

平成31年2月7現在:423羽

※昨年夏の豪雨被害のため、犀川白鳥湖周辺では3月まで工事が行われています。犀川白鳥湖の上流(南側)をねぐらにしている白鳥もいますが、通常の犀川白鳥湖の観察場所からは白鳥を見ることができません。ご了承ください。

ご観覧の皆様へお知らせ

近年の鳥インフルエンザの国内での発生状況を踏まえ、犀川白鳥湖へお越しくださいました皆様による給餌は、ご遠慮いただくことといたしました。
渡来した白鳥や水鳥などを観察される際は、適切な距離を保ち、温かく見守ってくださいますようお願いいたします。

白鳥の世話について

 犀川の白鳥は「アルプス白鳥の会」、「御宝田白鳥の会」の方たちが毎日交代で給餌、白鳥観察小屋の管理や飛来地周辺のゴミの片付けなどを行っています。

トイレについて

 犀川白鳥湖には、現地に仮設トイレ2基(11月上旬から3月20日頃)、大型駐車場(アクアピア安曇野)には、仮設トイレ1基(11月上旬から3月20日頃まで)を設置します。
 御宝田遊水池にも、現地に仮設トイレを設置します。その他に、自然交流センター「せせらぎ」のトイレもご利用できます。

お願い

 白鳥はデリケートです。

  • 犬の鳴き声や、糞尿の臭いで白鳥が逃げてしまいます。犬の散歩はご遠慮下さい。
  • 猟銃の音で白鳥が飛び立ってしまいます。狩猟をする方は気をつけてください。
  • 釣針や釣のおもりで、毎年白鳥が怪我をしています。犀川で釣をする方は、釣針やおもりを川の中に残さないようにご協力ください。
  • 冬季間(白鳥飛来中)のカヌーはご遠慮ください。
  • ドローンを使用しての撮影はご遠慮ください。

このページを見ている人はこんなページも見ています


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)