ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光 > 安曇野風物詩(観光イベント・季節の情報) > その他のイベント > 信州まつもと空港 冬季利用促進助成金交付制度のご案内

信州まつもと空港 冬季利用促進助成金交付制度のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月30日更新

信州まつもと空港地元利用促進協議会では、空港の更なる地元利用を促進するため、期間内2名以上のグループで信州まつもと空港定期便を利用された方に、助成金を交付します。

FDA

制度概要

1.助成金額

申請先着順にて交付 ※期間内でも定員に達し次第終了となりますので、あらかじめ下記窓口に確認の上ご申請ください。

・札幌線、福岡線

 往復利用の場合 1名あたり 5,000円

 片道利用の場合 1名あたり 2,000円

・神戸線

 往復利用の場合 1名あたり 3,000円

 片道利用の場合 1名あたり 1,500円

2.助成対象者

協議会加盟市町村に居住または通勤・通学する方で構成される2名以上のグループ(同じ便を利用する有償旅客者に限る)

※信州まつもと空港地元利用促進協議会加盟市町村

 松本市・塩尻市・大町市・安曇野市・池田町・木曽町・筑北村・麻績村・生坂村・山形村・朝日村・松川村・白馬村・小谷村(以上4市2町8村)

3.助成要件

下記の要件を、すべて満たしているとき、要件を満たしている人数分、助成金を交付します。

(1)路線要件  信州まつもと空港の定期便を利用すること。

(2)期間要件  令和2年11月1日(日曜日)から令和3年2月28日(日曜日)までの間に利用すること。

(3)発券要件  個人券であること。(搭乗券に個人名の入っていない団体券は対象外です。)

(4)その他    往復利用で申請する場合は、往路・復路ともに同じメンバーで同じ便を利用すること。

4.申請方法 

 搭乗後、グループの代表者が、所定の申請用紙に必要事項を記入の上、搭乗券の半券を添付して、下記申請窓口に直接持参してください。グループの代表者にグループメンバー全員分の助成金を申請先着順にて交付します。

※窓口にて、代表者の本人確認をしますので、運転免許証などの本人確認書類をご持参ください。 

冬期利用促進助成金交付制度チラシ [PDFファイル/1.12MB]

冬期利用促進助成金交付申請兼請求書(表) [PDFファイル/727KB]

冬期利用促進助成金交付申請兼請求書(裏) [PDFファイル/624KB]

5.添付書類

グループメンバー全員分の搭乗券(往復利用の場合は往復分)

※紛失した場合は搭乗証明書を添付。なお、証明書はFDA公式ホームページ<外部リンク>から取得可能です。取得できない場合は、FDAコールセンター(電話0570-55-0489 営業時間:7時から20時)までお問い合わせください。

6.申請期限

 令和3年3月10日(水曜日)まで 

 ※期間内でも定員に達し次第終了となりますので、あらかじめ下記窓口に確認の上ご申請ください。

お問い合わせ・申請は

信州まつもと空港地元利用促進協議会事務局

  • 松本市役所観光温泉課       (住所 松本市大手3-8-13       電話 0263-34-8307)
  • (一社)塩尻市観光協会       (住所 塩尻市大門一番町12-2  電話 0263-54-2001)
  • 大町市役所観光課          (住所 大町市大町3887              電話 0261-22-0420)
  • 安曇野市役所観光交流促進課  (住所 安曇野市豊科6000      電話 0263-71-2053)

FDAcolor

このページを見ている人はこんなページも見ています


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)