ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 庁舎・施設案内 > その他の施設 > 道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」が『信州まごころトイレ』に認定されました

道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」が『信州まごころトイレ』に認定されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月1日更新

道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」が長野県から『信州まごころトイレ』として認定されました

 長野県では、県内の観光地のイメージアップを図るため、一定の基準を満たした観光地等の公衆トイレを『信州まごころトイレ』としています。
 この度、本市の道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」が認定されたことで、県内98箇所目の認定となりました。

主な認定基準

(1)施設基準
     洋式化やバリアフリー化、清潔な床面整備や明るい照明 など

(2)清掃基準
     便器や内装、洗面台等に目立った臭気や汚れがない など

(3)きれいなトイレを維持する継続的な取組
     定期的に清掃がなされている など

 プレスリリース資料(関連資料)<外部リンク>
 

アルクマ

 

 

 

 


(↑ 認定されたトイレの入り口には『認定の証のステッカー』が貼ってあります)

 

このページを見ている人はこんなページも見ています


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)