ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 住まい・交通 > 道路・河川 > ラウンドアバウトの整備について

ラウンドアバウトの整備について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月16日更新

安曇野市のラウンドアバウトについて

 安曇野市豊科本村と堀金烏川の地区堺に位置する変則5差路の交差点を道路改良工事に合わせてラウンドアバウト交差点として整備を行いました。
 この交差点は以前から見通しが悪く、危険な交差点として地元からも交差点改良の要望が出されており、安全・安心かつ効率的で環境にやさしい交差点である『ラウンドアバウト』として整備を行いました。
 ラウンドアバウトは信号機の無い円形交差点で、長野県内では既に、飯田市、軽井沢町、須坂市で整備され、現在運用がされており、安曇野市は県内で整備するのが4番目の自治体、箇所としては5箇所目となります。
 ラウンドアバウトはその安全性が認められ、全国各地で整備、検討が進められています。

ラウンドアバウトの構造
ラウンドアバウトの構造

 ラウンドアバウトは、交差点の中央に円形地帯(中央島)が設けれらた円形交差点です。車両はこの中央島に沿った環状の道路(環道)を一方向に通行し、それぞれの道路へ流出します。豊科駅前などにあるロータリーとは異なり、環道を走行する車両に優先権があることが最大の特徴であり、環道の交通流は信号機や一時停止などにより中断されません。
 中央島の外周にあるエプロンは、内輪差の大きな大型バスなどが乗り上げて通行するために設けられています。

ラウンドアバウトの通行方法について

 4月8日発行「広報あづみのNo.205」でラウンドアバウトの通行方法をご案内しましたが、自転車の通行方法に誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。
 訂正内容は下記のとおりになりますので、お間違えの無いよう通行ください。

広報あづみのNo.205 自転車通行方法訂正
広報あづみのNo.205 自転車通行方法訂正

安曇野市のラウンドアバウトの整備状況

工事の状況(平成26年10月18日現在)
工事の状況(平成26年10月18日現在)

工事の状況(平成26年11月2日現在)
工事の状況(平成26年11月2日現在)

工事の状況(平成26年11月23日現在)
工事の状況(平成26年11月23日現在)

工事の状況(平成26年12月27日現在)
工事の状況(平成26年12月27日現在)

工事の状況(平成27年3月15日現在)
工事の状況(平成27年3月15日現在)

工事の状況(完成)
工事の状況(完成)

工事の状況(完成)
工事の状況(完成)

安曇野市のラウンドアバウトの位置

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)