ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

吉野線について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月23日更新

 都市計画道路吉野線は、平成24年度から調査、測量、地元協議等を進めてきました。平成27年度から用地買収に着手し、国道147号「本吉町交差点」から東方向に約460mの区間を、平成33年度までに整備する計画です。
 整備後は、豊科市街地の外郭道路として交通の円滑化に役割を果たします。また、吉野線は豊科南小学校の通学路であり、沿線の県立豊科高等学校の生徒も利用することから、整備後は児童、生徒の通学時の安全確保に大きな効果を発揮します。
 計画では、車道を6.0m、両側に2.5mの歩道を配置し、全幅で12.0mの道路となります。また、吉野線の整備に関連して、国道147号の本吉町交差点前後約80m区間を拡幅し、国道へ右折レーンを設置することを安曇野建設事務所へ要望しています。

(吉野線イメージ図)
吉野線イメージ図