ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水が濁っている

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

【原因と対策】

1,白く濁っている。

 水圧や気温と水温の格差などにより水の中に溶け込んでいた空気が出てくることにより起こるもので、科学物質ではありません。2分から3分汲み置きしておくと解消します。

2,赤く濁っている。

 宅内の水道管または給湯管から錆が出てくることが考えられますので、バケツ一杯くらいの水を、はらってからお使いください。解消されないときは、修理が必要な場合があります。お知り合いの指定工事店、もしくは市指定事業者一覧表により修理を依頼してください。

3,浴槽などが青くなる。

 給湯設備に使用している銅管類、青銅部材(砲金).黄銅(真ちゅう)から銅イオンが溶出し石鹸の脂肪酸等と反応して青色の銅石鹸が生成されたものです。換気扇用などの洗剤で洗ってみてください改善されることもあります。後は良く洗い流してからご使用ください。