ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

安曇野市穂高陶芸会館

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月1日更新

 〒399-8303 長野県安曇野市穂高8414番地17→地図を見る<外部リンク><外部リンク>
〔電話兼ファックス〕 0263-82-6750

穂高陶芸会館外観写真

  • 開館時間

午前9時から午後5時(4月から10月)
午前9時から午後4時(3月、11月から12月)

  • 休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、冬期(12月26日から2月末日)

料金のご案内

※カッコ内は20人以上の団体料金

  • 展示室入館料

  一般・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200円(160円)
  中学生以下/70歳以上・・・・無料

  • 陶土500グラムの作陶体験料

  高校生以上・・・・・・・・・・・・・・2,000円(1,500円)
  中学生以下・・・・・・・・・・・・・・1,800円(1,000円)
  陶土は500グラムあたり500円で追加できます。
  料金には、指導料及び焼成代を含みます。
  完成作品の発送を希望される場合は、改めてお客様負担で送料がかかります。

施設の概要

作陶技術の習得を通じての生涯学習と、陶芸美術の振興をはかることを目的として、昭和58年に開館しました。
館内では、江戸時代より中信地方で使用されていた貴重な古民芸陶器の展示や、作陶の体験ができ、陶芸を「見る・作る・使う」ことが一環して体験できる施設です。

館内のご案内

展示室

陶芸会館展示室の写真

釉薬をたっぷりかけた力強い作風が多い信斎焼(しんさいやき)、独特のぶつぶつした細かい石粒が表面に見られる洗馬焼(せばやき)、茶色の釉薬の地に白い釉薬が流しかけられている入道焼(にゅうどうやき)の3古窯の古民芸陶器70点余りが常時展示されています。
江戸時代から明治時代にかけて人々の生活に根付き、愛用されていた多種多様な器は見応えがあります。

講習室

陶芸会館講習室での作陶の様子

講習室では、湯飲みや皿など「あったらいいな」と思うあなただけの世界に一つの物を自由に作ることができます。
陶器が出来上がるまでには多くの工程を経ますが、当館では成形の工程を体験できます。
講師が丁寧に指導いたしますので、初心者の方でも思い思いの物に自由にチャレンジしてみましょう!

関連情報