ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 災害・防災 > 防災 > [アナログ防災行政無線]平成28年3月、屋内戸別受信機の放送が終了

[アナログ防災行政無線]平成28年3月、屋内戸別受信機の放送が終了

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月28日更新

市では、5月7日よりデジタル同報系防災行政無線の運用を開始しました。開局に伴い、旧5町村が整備したアナログ方式の同報系防災行政無線で、現在、各家庭の屋内戸別受信機による放送は平成28年3月31日で終了します。

変更点

1.デジタル方式の放送機器  

市内236箇所に設置した屋外拡声子局(スピーカー)及び防災関連施設などに設置した屋内戸別受信機から放送します。

2.デジタル方式の放送内容

防災行政無線の第一目的となる緊急性の高い防災・災害情報を放送します。平成28年4月以降は、これまで無線放送を行っていた、一般的な行政情報や各種行事などのお知らせは、広報紙・市公式ホームページ・回覧等によりお知らせします。また、告別式のお知らせ放送につきましても平成27年度末で終了いたします。