ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

氷点下の芸術・霧氷

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月22日更新


氷点下の芸術、霧氷が市内各地で見られました

 濃い霧に包まれた1月21日、市内各地で霧氷を見ることができました。氷点下の環境が作り出す光景に寒さを忘れ見入ってしまいます。

拾ケ堰自転車広場周辺
 

 

堰の水も木々も凍り付き、見慣れた景色も濃霧で違った印象に見えます。空の青に霧氷が映えます。雪で田んぼも真っ白です。

拾ケ堰沿いの霧氷と常念岳 濃霧の拾ケ堰周辺

拾ケ堰沿いの霧氷と常念岳(写真左)と濃霧の拾ケ堰周辺(写真右)

青空と霧氷 雪化粧の田

青空と霧氷(写真左)と雪化粧の田んぼ(写真右)

明科御宝田遊水池周辺

冬の風物詩・白鳥が今年も市内で越冬しています。気温の影響か、例年よりは飛来が少ないそうですが、氷の張る遊水池を悠々と泳いでいました。

御宝田遊水池の白鳥 霧氷の犀川

御宝田遊水池の白鳥とカモ(写真左) 幻想的な光景の霧氷の犀川(写真右)

霧氷の木々 木々から氷が剥がれ落ちる様子

静かで心安らぐ光景(写真左) 日が昇り、剥がれ落ちていく氷(写真右)