ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

梅雨空に舞う

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

蝶ヶ岳に残る蝶の雪形
蝶ヶ岳に残る蝶の雪形
 市内から見える蝶ヶ岳の尾根に、名前の由来にもなった蝶の雪形が見えるようになりました。
 梅雨の時期とちょうど重なるので、毎年気がついた時には、ほとんど消えているような事も多くあります。かすかに見え始めていますが、もう少し後になると、中央に胴体のような黒い筋が見えるようになります。
 ポジ型と呼ばれる残った雪が形を作るタイプ。写真中央上の雪の部分です。
(撮影:2011年6月15日穂高から)

蝶の雪形が見頃を迎えました(蝶ヶ岳)

およそ1週間後、蝶の胴体を思わせる黒い地肌が現れ、「蝶」の見頃を迎えました。
(撮影:2011年6月22日明科河川敷から)

蝶の雪形は、明科河川敷からだと、ちょうど矢印のあたりに見ることが出来ます。
蝶の雪形は、明科河川敷からだと、ちょうど矢印のあたりに見ることが出来ます。