ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 統計 > 国勢調査 > 平成27年国勢調査結果について その2

平成27年国勢調査結果について その2

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月2日更新

 平成27年10月1日現在で実施した平成27年国勢調査による安曇野市の労働力状態別人口及び産業別就業者数の確定値は次のとおりです。

 ・安曇野市の労働力人口
  50,180人(平成22年調査に比べ、1,792人の減少)

 ・安曇野市の産業別就業者数
  第一次産業 4,239人(平成22年調査に比べ、42人の減少)
  第二次産業 13,529人(平成22年調査に比べ、184人の減少)
  第三次産業 29,560人(平成22年調査に比べ、913人の増加)

  皆様のご協力ありがとうございました。

 【用語説明】国勢調査 労働・就業の状態に関する用語<外部リンク> <外部リンク>

 

労働力状態別15歳以上人口
安曇野市総数労働力人口非労働力人口
総数就業者完全失業者
平成27年82,70650,18048,5031,67731,315
平成22年82,97951,97249,4012,57129,468
増減数-273-1,792-898-8941,847
      
(平成17年)82,42954,05551,9072,14828,065

 ※総数には、労働力状態不詳を含む
 

安曇野市総数第一次産業第二次産業第三次産業分類不能
産業別就業者数
平成27年48,5034,23913,52929,5601,175
平成22年49,4014,28113,71328,6472,760
増減数-898-42-184

913

-1,585
      
(平成17年)51,9075,92816,48428,861634

 ※分類不能・・・調査票の記入に不備があり、分類が不明のもの又は記入不詳のもの

労働力 産業別就業者数

 

過去の国勢調査結果について

 平成27年国勢調査結果及び平成22年以前の国勢調査結果につきましては、以下のリンクからご覧ください。