ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・文化・スポーツ > 芸術・文化 > 芸術・文化イベント情報 > 安曇野市文書館 > 【申込みを締め切りました】臼井吉見文学館講演会「文士の子どもに生まれて」

本文

【申込みを締め切りました】臼井吉見文学館講演会「文士の子どもに生まれて」

記事ID:0114492 更新日:2024年6月5日更新 印刷ページ表示

※申込終了のお知らせ(2024年6月3日)

 定員に達したため締切日前ではございますが、申し込みを締め切らせていただきました。大変申し訳ございません。

 

臼井吉見文学館では、作家・エッセイストの阿川佐和子さんをお招きし、下記のとおり講演会を開催します。
阿川佐和子さんの母みよ(旧姓増田)は、臼井吉見が東京女子大学で教鞭を取っていた頃の教え子です。小説が身近にある家庭で育った思いなどを語っていただきます。

令和6年度臼井吉見文学館講演会チラシ [PDFファイル/2.91MB]

*手話通訳・要約筆記の対応を行います。希望される方は、申込みの際にお申し出ください。

*講演会へ参加される皆様へのお願い
 本講演の録音・録画ならびに携帯電話などによる写真撮影は固くお断りさせていただきます。
 ご理解、御協力の程、何卒宜しくお願いいたします。

日時

令和6年7月12日(金曜日) 午後2時から午後3時30分 ※臼井吉見命日(れんげ忌)

会場

堀金総合体育館サブアリーナ

講師

阿川佐和子さん(作家・エッセイスト)阿川佐和子さん

講師プロフィール
・小説家、エッセイスト
・著書
 『ブータン、世界でいちばん幸せな女の子』(文藝春秋2022年)
 『強父論』(文春文庫2016年)
 『聞く力-心をひらく35のヒント』(文春新書2012年)
 『看る力-アガワ流介護入門』(文春新書2018年)
 『話す力-心をつかむ44のヒント』(文春新書2023年) 他

写真 枦木 功 

参加費

無料

持ち物

上履き、外履きを入れる袋

定員

500名(先着順) ※定員に達したため締め切りました。

申込方法(締め切りました)

令和6年5月27日(月曜日)から、市文書館へ電話・Fax・電子メールのいずれかの方法でお申し込みください。​

駐車場について

講演会当日の駐車場は、以下の駐車場をご利用ください。詳細は講演会のチラシをご覧ください。

利用できる駐車場
  P1 堀金支所・図書館・文書館駐車場
  P2 堀金支所南駐車場
  P3 堀金総合体育館北駐車場
  P4 中信えのき培養センター駐車場

※「道の駅アルプス安曇野ほりがねの里 旬の味ほりがね物産センター」の駐車場は、お客様が利用するため駐車はご遠慮ください。​

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?