ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

企画展・イベント

記事ID:0066528 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月8日更新

企画展のご案内

開催中の企画展

 第10回白鳥写真愛好会写真展『白鳥たちの安曇野』
  
   白鳥のさまざまな姿を写した会員の写真32点を展示します
  
  ・期    間  2021年9月7日(火曜日)から9月19日(日曜日)まで
           午前9時から午後5時まで(初日は正午から、最終日は午後4時まで)
  ・会    場    当館 1階企画展示室
  ・費    用    無料(常設展は有料)
  ・休館日    月曜日
  ・コロナウィルス感染防止策の徹底を図り開催していきます
  

次期開催予定の企画展 

  当館企画展『三郷の記憶』から三郷の遺跡展から
  
   今までに三郷地区の遺跡から出土した貴重な土器や石器などをはじめて一堂に公開展示します 
   個人所有の出土品も多く展示します。
  
  ・期    間  2021年10月1日(金曜日)から10月31日(日曜日)まで
           午前9時から午後5時まで(初日は正午から、最終日は午後4時まで)
  ・会    場    当館 1階企画展示室
  ・費    用    入館料
  ・休館日    月曜日
  ・コロナウィルス感染防止策の徹底を図り開催していきます

 

イベント等のご案内

 人権平和学習講座 「松代象山地下壕見学会」
  
   第2次世界大戦末期、多くの人を強制的に従事させ、極秘に建設された松代大
   本営の地下壕を見学し、「人権・平和」について考えます。
     
  ・期  日  2021年9月15日(火曜日)
            午前8時30分から午後5時
  ・見学場所 松代象山地下壕・天皇御座所・旧横田家住宅・文武学校・松代城
  ・対  象  市内在住、在勤、在学の方
  ・定  員    20名(先着順)
  ・費  用  1200円(昼食は各自)  
  ・持ち物  マスク、歩きやすい服装 等
  ・申込み   8月24日(火曜日)から電話で Tel77-7550 
  ・コロナウィルス感染防止策の徹底を図り開催しきます


 古文書講座 「赤蓑談」を読もう
  

   赤蓑騒動の資料「赤蓑談」を読みながら貞享騒動との相違点にせまります
   
  ・期  日  2021年8月28日から12月11日(全8回)
         毎月第2と最終土曜日
            午後1時30分から3時30分
  ・定  員    15名
  ・費  用  各回300円(資料代)  
  ・講  師  太田秀保さん(塩尻市文化財保護審議委員)
  ・申込み   7月27日(火曜日)から電話またはファックスで
          Tel77-7550 Fax77-7551 
  ・コロナウィルス感染防止策の徹底を図り開催しきます

 

 第2回ふるさとを知る講座 
  
「貞享騒動 ー加助様、松本藩にモノ申す

   江戸時代の安曇野、苦しむ百姓たちを救おうと命をかけて立ち上がった
   郷土の先人について分かりやすく解説します。
   
   ・日  時 2021年9月18日(土曜日)  
           午後1時30分から3時30分
   ・場  所 当館 研修室 
   ・講  師  中村真市(館長)
   ・費  用 入館料(310円)
   ・定  員 20人(先着順)
   ・申込み 8月24日(火曜日)から当館へ電話で
   ・次回は12月を予定しています

四季の彩

-
待ちわびた春

夏の風景
夏光る

秋の風景
秋の風の中で

冬の風景
冬の贈0り物

 

 

 

 

 

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?