ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

安曇野市新市立博物館構想

記事ID:0024799 更新日:2016年3月1日更新 印刷ページ表示

構想の背景と目的

安曇野市では、平成23年度に「安曇野市文化振興計画」を策定し、「学ぶ心が育ち、文化のかおるまちづくり」を基本理念に掲げて、様々な文化振興施策を推進しています。
しかし、安曇野の文化芸術の拠点である博物館・資料館や美術館は、施設の老朽化への対応や学芸体制の整備などの多くの課題を抱えています。
そこで、「文化振興計画」に具体的な取り組みとして挙げられている「郷土資料館等の統廃合」や「新市立博物館構想の具体化」に向けて、「安曇野市新市立博物館構想」を策定しました。この構想では、博物館等の再編整理と、目指したい新市立博物館のあり方をまとめています。

構想の概要

1.前提条件の整理
2.博物館等の再編整理と新市立博物館構想の方向性
3.新市立博物館が目指す姿
4.事業・活動構想
5.施設構想
6.管理運営構想

公表資料

安曇野市新市立博物館構想は、こちらからダウンロードできます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?