ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
感染発生状況

働く妊婦・事業主の皆様へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月11日更新

新型コロナウイルスに関する母性健康管理措置について

 新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、働く妊婦の方は、職場の作業内容等によって、新型コロナウイルス感染症への感染について不安やストレスを抱える場合があります。
 国では、こうした方の母性健康管理を適切に図ることができるよう、男女雇用機会均等法に基づく母性健康管理上の措置として新型コロナウイルス感染症に関する措置を新たに規定しています。

 ●本措置の対象期間は、令和2年5月7日から令和3年1月31日です。

新型コロナウイルス感染症に関する措置について

 妊娠中の女性労働者が、保健指導・健康診査を受けた結果、その作業等における新型コロナウイルス感染症への感染のおそれに関する心理的なストレスが母体または胎児の健康保持に影響があるとして、主治医や助産師から指導を受け、それを事業主に申し出た場合には、事業主はこの指導に基づいて必要な措置を講じなければなりません。
 妊婦は主治医等から指導があった場合、指導事項を的確に伝えるため、主治医に「母性健康管理指導事項連絡カード」を書いてもらい、事業主へ提出します。
 事業主は「母性健康管理指導事項連絡カード」に記載された主治医の指導に基づき、適切な措置を講じなければなりません。

詳しくは以下の、リーフレット、外部サイトをご参照ください。

このページを見ている人はこんなページも見ています


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)