ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 安曇野市における新型コロナウイルス感染症対策(第3弾)
感染発生状況

安曇野市における新型コロナウイルス感染症対策(第3弾)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月29日更新

安曇野市における新型コロナウイルス感染症対策の取組について

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、安曇野市では市民の皆様の生活を支援するため対策を行います。
9月28日(月曜日)発表の第3弾の対策内容を以下のとおり一覧にまとめましたのでご覧ください。
なお、個人、事業主向けの支援制度の一覧につきましては、発表時期を問わず
新型コロナウイルス感染症対策の支援制度一覧 にまとめておりますので併せてご覧ください。

チラシイメージ
【安曇野市】新型コロナウイルス感染症対策チラシ(第3弾9月28日発表) [PDFファイル/1.44MB]

 

取組内容一覧(第3弾) (各タイトルをクリックすると、サイト内の別ページへ移動します)

※以下、ファクスでのお問い合わせは、すべて0263-71-5000まで。電話での問い合わせは、各項目を参照。

地域経済回復のために -みんなで事業者を応援-
【市独自】安曇野市ささえあいプレミアム商品券(第2弾)の発行・販売 
【市独自】安曇野の魅力再発見!3種類のクーポン券発行・販売 
◆学生を応援 -安曇野市出身学生にふるさとの味をお届けします-
【市独自】あづみの学生応援便 
◆中小企業・事業者等をより広く支援 -地域経済を下支えするために-
【市独自】中小企業等への制度資金の融資枠をさらに拡大
(安曇野市制度資金【新型コロナウイルス対策特別資金】)
 
市独自】タクシー・バス事業者への感染症拡大防止対策支援 
【市独自】安曇野の逸品をお取り寄せ! ECサイト活用支援 
◆子育て世帯を支援 -子育て世帯の生活を下支えします-
【市独自】高校生世代支援臨時給付金の給付 
【市独自】修学旅行等支援事業 
新たな旅行企画造成を支援 -コロナでも安心安全に旅行を楽しむために-
【市独自】withコロナ「安曇野あんしん旅」プラン企画造成を支援 
【市独自】ご近所をつなぐ市民旅行プラン造成を支援 
感染拡大を防ぐために -クラスターの発生を防ぎます-
(県委託事業)新型コロナウイルス感染症外来・検査センターを設置 
【市独自】発熱外来対応医療機関へ体温検知カメラを貸与 
【市独自】文化施設に体温検知カメラを設置 
【市独自】全区に非接触型体温計を貸与 
(国庫補助事業)クリアマウスシールド・フェイスシールド等の配布 

 

◆地域経済回復のために -みんなで事業者を応援-

○【市独自】 安曇野市ささえあいプレミアム商品券(第2弾)の発行・販売

第1弾に続き、年末年始の消費喚起により市内経済活動の活性化を図ります。

  • 1,000円券×13枚(共通券8枚、普通券5枚)=13,000円を10,000円で販売。43,000セット発行。
    (共通券…参加全店で使用可能、普通券…大型店(売場面積1,000平米以上)での使用不可)
  • 1世帯あたり専用の応募ハガキ1枚で3セットまで購入可。
  • 利用期間:令和2年12月1日から令和3年1月31日

お問い合わせ:商工労政課商工労政係 (電話:0263-71-2041)

○【市独自】 安曇野の魅力再発見!3種類のクーポン券を発行・販売

安曇野市内の周遊や宿泊に活用できる3種類のクーポン券を発行し、市内経済活動の活性化を図ります。

お問い合わせ(以下3項目とも):観光交流促進課観光交流促進担当(電話:0263-71-2053)

(1) プレミアム付き来訪者向けクーポン券を発行・販売

新そばと食の感謝祭代替スタンプラリーと合わせ、飲食店・土産店等での活用を促進します。

  • 来訪者向けクーポン券500円券×10枚=5,000円を3,500円で販売。5,000セット発行
  • 安曇野市観光情報センターで販売。(市内宿泊施設等の宿泊プランに追加可)
  • 利用期間:令和2年11月1日から令和3年2月15日

(2) 宿泊施設応援券を発行

市内登録宿泊施設の宿泊料金の一部を助成し観光需要を活性化します。

  • 宿泊施設応援券 3,000円券×10,000枚・1,000円券×5,000枚を発行。
    (1人1泊8,000円以上の宿泊に3,000円、8,000円未満の宿泊に1,000円を助成)
  • 利用対象者:対象の宿泊施設を利用する者(ただし感染拡大地域は対象外)

※冬季の宿泊利用者の傾向と感染拡大状況を考慮し、利用対象者を限定する。
 *利用方法:対象となる宿泊施設へ利用者が直接申し込み
 *利用期間:令和2年11月1日から令和3年2月15日

(3) 地域応援タクシー券を発行

周遊バス休止時期の利便性向上及びコロナ対策のため泊食分離の必要が生じた市内宿泊施設等を支援します。

  • 地域応援タクシー券 1,000円券×5,000枚を発行。
  • 利用対象者:市内宿泊施設で宿泊または観光情報センターに来店しタクシー・ハイヤー・代行を利用する観光客
  • 利用方法:目的地までの運賃助成としてタクシー等乗車時に利用
  • 利用期間:令和2年11月1日から令和3年2月15日

◆学生を応援 -安曇野市出身学生にふるさとの味をお届けします-

○【市独自】 あづみの学生応援便

本市出身の県外在住学生に対し、地域産品等の給付による支援を行うとともに、本市とのつながりを確保し、将来的なUターンの促進を図ります。

  • 応援物資:産直センター、直売所(Vif穂高、とよしな旬彩市、旬の味ほりがね物産センター、三郷サラダ市)から米やリンゴをベースとした地域産品の詰め合わせ、市ロゴ入りトートバック等を送付
  • 対 象:以下に該当する安曇野市出身学生
    (1) 日本国内かつ長野県外に居住し、県外の大学、大学院、短期大学、専門学校等に在学している
    (2) 本市に住所を有する保護者等がいる
  • 受付期間:11月2日から 12月18日
  • 発送期間:1月12日から 2月19日
  • 発送時期:次の3通りから選択できます。
    (1) 1月12日から1月24日、(2)1月25日から2月7日、(3)2月8日以降
  • オンライン授業等での里帰りを考慮し、市内の実家宛への発送も可とします。

お問い合わせ:政策経営課企画担当 (電話:0263-71-2401)

◆中小企業・事業者等をより広く支援 -地域経済を下支えするために-

○【市独自】 中小企業等への制度資金の融資枠をさらに拡大

中小企業・事業者の資金繰りを支援し、収束の見えないコロナ禍における事業者の資金需要に対応します。

お問い合わせ:商工労政課商工労政係 (電話:0263-71-2041)

○【市独自】 タクシー・バス事業者への感染症拡大防止対策支援

地域に不可欠な公共交通を運営している市内バス・タクシー事業者に、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として支援金を交付します。

  • 支援内容:保有するタクシー・バス1台あたり、20,000円を支給(デマンド使用車両は除く)
  • 対象事業者:市内に営業所がある乗合、貸切、乗用運送事業者(道路運送法第3条第1号イロハを営むもの)

お問い合わせ:政策経営課交通政策係 (電話:0263-71-2402)

○【市独自】 安曇野の逸品をお取り寄せ! ECサイト活用支援 

市内食品加工製造業等の商品等の認知度向上と消費喚起のため、ECサイトへの出店支援を行います。

  • モンベルフレンドタウン提携(9月補正)により、利用が可能となるモンベルクラブ内ECサイトを活用し、全国にいるモンベルクラブ会員(95万人)の利用を促す。
  • 出店に際しては、安曇野や県内で調達した商品等、安曇野ブランド発信のため一定の基準を設けます。

お問い合わせ:観光交流促進課観光交流促進担当(電話:0263-71-2053)

◆子育て世帯を支援 -子育て世帯の生活を下支えします-

○【市独自】 高校生世代支援臨時給付金の給付

支援の届きにくかった高校生世代の皆さんの生活を支援します。

  • 給付対象者:令和2年10月1日時点で安曇野市に住所を有し、平成14年4月2日から平成16年4月1日に生まれた方(高校2年生及び3年生の世代に該当する方。高等学校等への在籍は問いません。)
    ※高校1年生の皆さんには別の制度で支給済みです。
  • 給付申請者:給付対象者が属する世帯の世帯主
  • 給付額:対象者1人につき20,000円

お問い合わせ:子ども支援課児童担当 (電話:0263-71-2255)

○【市独自】 修学旅行等支援事業

小中学校の旅行的行事を実施するにあたり、車内での「密」を避けるなど感染防止対策が不可避となることから、使用するバスの台数を増やし1台分の乗車人数を減らすための費用を市が負担し、保護者負担の軽減を図ります。

  • 必要経費:「密」を回避するために追加するバスの借上げに係る経費

お問い合わせ:学校教育課学校庶務担当 (電話:0263-71-2224)

◆新たな旅行企画造成を支援 -コロナでも安心安全に旅行を楽しむために-

○【市独自】 withコロナ「安曇野あんしん旅」プラン企画造成を支援

市内旅行事業者、宿泊事業者等が3密を避けた旅行・宿泊・体験プラン等の企画造成経費に対し助成します。
コロナ禍の中、市内観光事業者の連携強化、訴求力のあるコンテンツ開発を促します。

  • 観光協会で企画提案を審査し、「安曇野あんしん旅」として採択された事業1企画につき補助対象経費を補助(上限25万円)
    (例)オンラインツアー、平日旅行プラン、トレッキング、アクティビティ+テイクアウトランチといった企画提案を想定
  • 補助対象経費:企画に必要なモニターツアー、催行時の感染防止対策に係る経費など
  • 申請期間:令和2年11月1日から令和3年2月15日

お問い合わせ:観光交流促進課観光交流促進担当(電話:0263-71-2053)

○【市独自】 ご近所をつなぐ市民旅行プラン造成を支援 

市内旅行事業者が、市内の団体等(地域、職場等)向けに企画する、感染症対策を講じた県内へのバス旅行プラン造成に対して助成。市内旅行会社・運輸事業者支援及びマイクロツーリズムの取り組みを推進します。

  • バス1台につき1日の利用料の3分の2を補助(1日あたりの割引上限は10万円)
  • 参加者の3分の2以上が安曇野市民であること。
  • 申請期間:令和2年11月1日から令和3年2月15日

お問い合わせ:観光交流促進課観光交流促進担当(電話:0263-71-2053)

◆感染拡大を防ぐために -クラスターの発生を防ぎます-

○ (県委託事業) 新型コロナウイルス感染症外来・検査センターを設置

長野県からの委託により、安曇野市や市医師会等が主体となり新型コロナウイルス感染症外来・検査センターを設置します。

  • 検査開始時期:11月以降の感染状況に応じて、12月ごろまでに開始予定
  • 運営方法:週3回程度、ドライブスルー方式による

お問い合わせ:健康推進課健康推進担当 (電話:0263-71-2470)

○【市独自】 発熱外来対応医療機関へ体温検知カメラを貸与

発熱外来を行っている医療機関への支援として、高速かつ正確に検温ができるタブレット型の非接触型体温検知カメラを貸出し、スムーズな発熱外来の運営を図ります。

  • 設置場所:発熱外来実施医療機関
  • 設置台数:2台

お問い合わせ:健康推進課健康推進担当 (電話:0263-71-2470)

○【市独自】 文化施設に体温検知カメラを設置

不特定多数の方が利用する文化施設にタブレット型の非接触型体温検知カメラを設置することで、感染の不安を軽減し、安心して施設を利用できる環境を整えます。

  • 設置場所:年間利用者が概ね100,000人以上の下記3施設
     ・穂高交流学習センター「みらい」
     ・中央図書館
     ・豊科交流学習センター「きぼう」

お問い合わせ:文化課文化振興担当 (電話:0263-71-2463)

○【市独自】 全区に非接触型体温計を貸与

コロナ禍の中、安心して自治会活動や地域活動を実施するために、また災害時には避難場所における健康チェックに活用できるよう、市内全区に非接触型体温計を貸与します。

  • 貸与数:市内83区+5地域区長会の計88個

お問い合わせ:地域づくり課まちづくり推進係 (電話:0263-71-2494)

○(国庫補助事業) クリアマウスシールド、フェイスシールド等の配布

新型コロナウイルスの感染を防ぎながら安心して意思疎通が図れるよう、市内にお住いの聴覚障がい者や、市内で活動する手話通訳者・要約筆記者にクリアマウスシールドやフェイスシールド、消毒液を配布します。

  • 対象者:安曇野市手話通訳者等派遣事業の利用者及び支援者 61人
      内訳:聴覚障がい者  37人、登録手話通訳者 15人、登録要約筆記者  9人(いずれも見込み数)
  • 配布方法:10月以降、郵送及び窓口配布により随時実施

お問い合わせ:福祉課障がい福祉担当 (電話:0263-71-2251)

 

このページを見ている人はこんなページも見ています


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)