ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 12~17歳の新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)が始まります

本文

12~17歳の新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)が始まります

記事ID:0090491 更新日:2022年6月30日更新 印刷ページ表示

もくじ

  1. 接種対象者
  2. ワクチンの安全性・効果
  3. 使用するワクチン
  4. 接種会場
  5. 予約方法
  6. 接種券
  7. 接種券の発行・再発行
  8. 接種証明の発行
  9. 住所地外接種届

  

 安曇野市では、国の方針に基づき、12歳から17歳の方への新型コロナワクチンの追加接種を開始します。
 12から17歳の方のうち、基礎疾患がある方などの「重症化リスクの高い方」は、特に接種をおすすめしています。
 10歳代の方への新型コロナウイルスの感染も拡大していますので、かかりつけ医などとよく相談の上、ワクチンを受けるかご検討ください。

1 接種対象者

満12歳から17歳の方で2回目の接種から5か月経過した方

3回目の接種券は、2回目接種完了時期をもとに接種開始時期に合わせて順次発送します。
なお、2回接種を受けていない方には接種券が届きません。
※12歳から17歳の方のうち、基礎疾患がある方などの「重症化リスクが高い方」は特に接種をおすすめしています。
※2回目接種完了日から5か月以上経過した方で、接種券が届かない方は健康推進課(0263-71-2470)までお問い合わせください。

注意
ワクチン接種は強制ではなく、あくまでご本人ご家族の意思に基づき接種を受けていただくものです。
接種を望まない人に接種を強制することはありません。
周りの人などに接種を強制するなど、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようご理解・ご協力をお願いします。

接種を受ける際の同意

 12から15歳の方は、予診・接種に同席ができる保護者の「同伴」、及び予診票への保護者の「署名」が必要です。

 16歳以上の方は保護者が同伴できない場合は、次の保護者同意書」に記入いただき、接種会場(医療機関)にお持ちください。

     保護者同意書 [PDFファイル/434KB]

2 ワクチンの安全性・効果

新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ [PDFファイル/1.4MB]

ワクチンの安全性  

 米国では、12から17歳に対する3回目の接種後7日以内の副反応は、2回目の接種後と同様の症状が、 同じ程度かやや高い頻度で現れると報告されています。

12から17歳の接種後7日間に報告された症状

報告割合

接種後の症状(2回目→3回目接種後の症状)

50%以上

疼痛(76.0→80.0%)、疲労(58.7→58.5%)、頭痛(56.0→55.9%)

10から59%

筋肉痛(40.9→46.2%)、発熱(38.3→35.5%)、悪寒(27.8→32.6%) 関節痛(16.9→19.7%)、悪心(18.8→18.9%)、腫脹(14.1→18.8%) 発赤(8.4→10.2%)

1から10%

腹痛(9.3→8.5%)、そう痒(7.3→7.4%)、下痢(4.5→3.5%) 嘔吐(2.7→2.3%)、発疹(1.5→1.2%)

(※)登録数:3,418例(うち12~15歳:1,952例、16-17歳:1,466例)、報告期間:2021年12月9日から2022年2月20日
 [出典:MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2022; 71(9): 347-351]

ごくまれですが、心筋炎を発症した例が報告されています。
米国では、3回目接種後の方が2回目接種後よりも心筋炎の報告頻度は低いとされています。
 [出典:MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2022; 71(9): 347-351]

ワクチンの効果

 1・2回目接種後、ワクチンの効果は時間の経過とともに低下していきますが、同じワクチンを用いている18歳以上では、3回目の接種を行うことにより、オミクロン株に対する発症予防効果や入院予防効果が回復すると報告されています。
 [出典:UKHSA. Technical briefing 34. Jan 2022、UKHSA. COVID-19 vaccine surveillance report: 3 Feb 2022]

 16から17歳の場合では、オミクロン株流行期において、ワクチンの2回目接種後(14-149日経過後)は、新型コロナ感染症の様な症状のための救急外来の受診を34%減少させ、ワクチンの3回目接種後(7日以上経過後)は、同様の救急外来の受診を81%減少させる効果があったと報告されています。
[出典:MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2022; 71(9): 352-358]

3 使用するワクチン

 ファイザー社ワクチン」を使用します。

※1・2回目の接種量と同じ量を接種します。18歳以上の方に用いているものと同じワクチンです。
※1・2回目に武田/モデルナ社ワクチンを受けた方も、ファイザー社ワクチンを受けられます。
※満18歳以上となる方はモデルナ社ワクチンを選択することも可能です。

新型コロナワクチン予防接種についての説明書 [PDFファイル/829KB]<外部リンク>

4 接種会場

 6月以降は、次のとおり接種場所を限定して実施します。

 ●安曇野赤十字病院(豊科地域)

 ●穂高病院(穂高地域)

 ※接種会場や日程が変更になったり、予約で埋まっていたりする場合がございますので、予約システムをご確認いただくか、コールセンター(電話31-0606)にお問い合わせの上、ご予約ください。

5 予約方法

 3回目接種の予約ができるよう、接種時期に応じて細かい接種券の発送や身近なところでの予約サポート体制を整えます。

 web予約はこちらから<外部リンク>

 コールセンター:0263-31-0606
 受付日時:月曜日〜金曜日の平日(9時〜17時)

 ※3回目接種は2回目接種後から、5か月以上経過した方が対象となります。接種券に同封されている「新型コロナワクチン接種について(通知)」を ご参照ください。

6 接種券

  追加接種の対象には、追加接種用の接種券を送付します。
  この接種券は「接種証明」となりますので、接種後も大切に保管してください。 

7 接種券の発行・再発行

  • 接種券の発行・再発行はこちらから​

8 接種証明の発行

9 住所地外接種届

  • 住民票がある場所(住所地)以外で接種を希望される方はこちらから

ワクチン接種に関する問い合わせ先

 安曇野市新型コロナワクチン接種コールセンター(平日の午前9時から午後5時)
 電話番号:0263-31-0606  

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?