ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 計画・施策 > 総合・行財政・経営 > 申請書・届出等の押印の省略について

本文

申請書・届出等の押印の省略について

記事ID:0075344 更新日:2021年7月1日更新 印刷ページ表示

申請書・届出等の一部について押印が省略できるようになりました

手続の簡素化のため、市民等の皆さんから市へご提出いただく申請書や届出等の一部について、令和3年4月から押印を省略できるようになりました。

市では、今後も引き続き押印の見直しに取り組みます。

押印を省略できる様式一覧(随時更新:令和3年7月1日時点)

押印を省略できる様式については、手続きの際に、各担当課へお問い合わせください。

押印が継続する様式

  • 国や県等の法令等で押印義務の規定がある様式
  • 契約関係、補助金・交付金関係の様式
  • 実印の印影照合が必要な様式
  • その他押印により本人確認や申請の意思確認等が必要な様式

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?