ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > まちづくり > 協働 > 安曇野市協働のまちづくりフォーラムを開催しました

本文

安曇野市協働のまちづくりフォーラムを開催しました

記事ID:0072226 更新日:2021年3月24日更新 印刷ページ表示

令和2年度協働のまちづくりフォーラム 開催報告

 市民一人ひとりが協働のまちづくりについて知り、理解し、まちづくりの主役であることの意識を高め、行動につなげる契機とするため、協働のまちづくりフォーラムを開催しました。

 協働のまちづくりフォーラム案内チラシ [PDFファイル/1.23MB]

日 時

令和3年3月6日(土曜日)  午後1時30分から午後4時30分まで

 

プログラム

第1部 基調講演

テーマ

 まちも私も元気になろう!ー「参加の力」が創る共生社会ー

「市民が主役のまちづくり」を進めることで生まれる効果や活動を進めるためのコツについて、事例を交えながらご紹介いただく。

 【内容】

  •  市民活動・地域活動が生み出す社会や活動者自身へのプラス効果
  •  活動に共感してもらい、関わってもらう人を広げるための発想法・視点
講師

講師写真

早瀬 昇さん (社会福祉法人 大阪ボランティア協会 理事長)

【プロフィール】

1955年、大阪府生まれ。大学で電子工学科を専攻するも、交通遺児家族支援、地下鉄のバリアフリー化、市民活動情報誌の編集などの活動に次々に参加。

大学卒業後、フランス、ベルギーの障害者グループホームでケアワーカーを経験した後、1978年に大阪ボランティア協会に就職。1991年から2010年まで事務局長。

「市民の参加の力」で社会問題を自治的に解決する環境整備をライフワークとし、現在、日本ファンドレイジング協会副代表理事、日本ボランティアコーディネーター協会運営委員、同志社大学政策学部客員教授なども務める。

著書に『「参加の力」が創る共生社会-市民の共感・主体性をどう醸成するか』『寝ても覚めても市民活動論』など。

大の阪神タイガースファン。赤ワイン党。

 

第2部 事例発表

令和2年度つながりひろがる地域づくり事業 実施団体発表

(1) 音楽コンサートの開催 (安曇野おとのわ)

(2) 食養生セミナーの実施 (食養生研究会)

(3) 不登校生徒に対する家庭内学習支援 (学習支援センター実帰舎)

 

基調講演の内容

基調講演の内容は広報あづみの330号に掲載されています。

こちらをお読みください。→協働のまちづくりフォーラム報告(330号8-9ページ) [PDFファイル/1.12MB]

 

市民活動サポートセンターの紹介

安曇野市では協働のまちづくりを実現するため、市民活動サポートセンターを設置しています。

NPO法人、ボランティア団体、自治会といった市民活動団体行政などの情報の収集・発信、交流の場であり、また市民同士、市民と行政との協働の拠点です。

詳しい内容や、市民活動サポートセンターからの情報をご覧になりたい方は、ホームページをご覧ください。

市民活動サポートセンター(別ページへ移動します。)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?