ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > ごみ・環境 > 助成制度(ごみ・環境) > 住宅用太陽光発電システム設置補助金について

住宅用太陽光発電システム設置補助金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月20日更新

住宅用太陽光発電システム設置補助金

市では、地球温暖化対策を推進するため、自らが居住する市内の住宅に太陽光発電システムを設置する人に予算の範囲内で補助金を交付しています。
補助金の交付を受けるためには、着工前に申請し、交付決定を受ける必要があります。

住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱の一部改正について

要綱の一部改正により、令和2年4月から、補助金の額が以下のとおり変更になります。
また、提出書類の一部について、様式の変更がありますのでご留意ください。

  • 令和2年度分(令和2年4月1日から):1キロワットあたり20,000円、上限100,000円
  • 令和元年度分(令和2年3月31日まで):1キロワットあたり30,000円、上限120,000円

令和2年度分の申請受付について

令和2年度住宅用太陽光発電システム設置補助金について、以下のとおり受付を開始します。
補助金の交付を受けるには、着工前に申請し、交付決定を受ける必要があります。
補助制度や申請様式につきましては、下段の補助制度の内容と要件についてをご覧ください。


【受付開始】令和2年4月1日(水曜日)


年度当初は多数の申請が予想され、交付決定までに2週間程度かかると見込まれます。
交付決定後に着工が可能となりますので、余裕のある工期の設定、申請をお願いします。

令和元年度分の実績報告書の提出について

補助金の交付決定を受けた方は、設置工事をはじめとする各種手続きを年度内に完了し、実績報告書を提出する必要があります。
例年、手続きの遅延などにより補助金が交付されない場合がありますので、早目の対応をお願いします。

   →申請の変更・中止・廃止がある場合
   →対象システムの設置が完了した場合


【提出期限】令和2年3月31日(火曜日)


補助制度の内容と要件について

補助金の額

補助額は次のとおりです。

令和2年度分(令和2年4月1日以降に交付決定となるもの)
  • 1キロワットあたり20,000円
  • 補助限度額100,000円

※補助金の交付は1世帯あたり1回です。
※太陽光モジュールの最大出力値の合計値は、小数点以下第3位を四捨五入します。
 (例:4.555キロワットの場合、4.56キロワットとして計算)
※補助額に1,000円未満の端数がある場合は、切り捨てます。
 (例:4.56キロワットの場合、20,000円×4.56キロワットで91,200円、1,000円未満切り捨てのため補助額91,000円)

令和元年度分(令和2年3月31日までに交付決定となったもの)
  • 1キロワットあたり30,000円
  • 補助限度額120,000円

※補助金の交付は1世帯あたり1回です。
※太陽光モジュールの最大出力値の合計値は、小数点以下第3位を四捨五入します。
 (例:3.795キロワットの場合、3.80キロワットとして計算)
※補助額に1,000円未満の端数がある場合は、切り捨てます。
 (例:3.45キロワットの場合、30,000円×3.45キロワットで103,500円、1,000円未満切り捨てのため補助額103,000円)

補助対象システム

次の要件を満たすシステムが対象です。

  1. 住宅の屋根等への設置に適した低圧配電線と逆潮流有りで連系しているもの
  2. 最大出力値が10キロワット未満のもの
  3. 未使用のもの
  4. 電力会社と電灯契約及び余剰電力の販売契約を締結できるもの

補助金交付対象者

次の要件を満たす人が対象です。

  1. 市税等の滞納がない人
  2. 安曇野市内の自らが居住するための住宅に住宅用太陽光発電システムを設置しようとする人
    または安曇野市内の自らが居住しようとするための対象システムを設置する住宅を購入しようとする人
  3. 電力会社と電灯契約及び余剰電力の販売契約を締結できる人
  4. 住宅等が自己の所有に属さない場合は、この住宅等の所有者の承諾を得られる人

※年度内にすべての手続き(設置場所への住民票の異動、電力会社との受給契約など)の完了が必要です。

申請様式について

01 補助金の交付を申請する場合

補助金の交付を受けるためには、着工前に申請し、交付決定を受ける必要があります。
交付決定までには2週間程度かかると見込まれます。着工予定日まで余裕をもった申請をお願いします。

01-1 補助金交付申請書
01-2 納税状況等確認同意書

        【記載例】納税状況等確認同意書 [PDFファイル/103KB]

01-3 承諾書(任意様式可)

システム設置を予定している住宅が「申請者の所有でない場合」または「共有者がいる場合」のみ必要な書類です。

  1. 対象システムの設置に要する費用の内訳が記載された見積書
    (システムの最大出力値および設置枚数がわかるもの)
  2. 設置予定箇所の位置図
  3. 設置予定箇所を確認できる写真

02 交付決定後、申請の内容を変更・中止・廃止する場合

交付決定後に、申請内容に変更が生じる場合(出力値、型番、設置枚数等)や工事そのものが中止・廃止となる場合は、着工前に必ず提出してください。

02-1 設置変更・中止・廃止承認申請書 

        【記載例】設置変更・中止・廃止承認申請書 [PDFファイル/92KB]

03 対象システムの設置が完了した場合

システムの設置が完了した後、必要な添付書類をすべてそろえた上で、実績報告書を設置後30日以内あるいは年度末のいずれか早い日までに提出する必要があります。
実績報告書の提出後、担当者が現地確認を行います。立会いは不要ですが、敷地内に立ち入る場合がありますので、ご了承ください。

03-1 補助金実績報告書

  ※要綱の一部改正により、令和2年4月1日から様式の変更がありますので、ご留意ください。

        【記載例】補助金実績報告書 [PDFファイル/179KB]

その他、必要な添付書類
  1. 対象システムの設置に要した費用に係る領収書の写し及び内訳書
  2. 対象システムの設置状況を示す写真(太陽電池モジュールの写真は枚数の確認できるものに限る。)及び図面
  3. 電力会社との電力受給契約書(系統連系・受給開始日を確認できるものに限る。)の写し
  4. しゅん工検査の試験記録書の写し
  5. 補助金交付対象者の住民票

04 補助金の交付が確定した場合

交付確定後、補助金の請求を行う必要があります。
振込先となる口座の指定をお願いします。

04-1 補助金等交付請求書

■請求書提出時の注意事項

  • 補助金の振込先口座は、申請者本人名義の口座を指定してください。

安曇野市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱

市に限らず、国や長野県が実施している補助制度については、以下のページにて情報を掲載しています。

新エネルギー利用に関する各種補助制度について(内部ページ)

各制度の内容については、リンク先の該当ページをご覧いただき、
お問い合わせ等は、担当する機関・窓口へ直接ご連絡をお願いします。

このページを見ている人はこんなページも見ています


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)