ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ごみ・環境・霊園 > 環境・ペット > サントリー環境学習会を開催しました

本文

サントリー環境学習会を開催しました

記事ID:0094198 更新日:2022年7月27日更新 印刷ページ表示

安曇野市とサントリーホールディングス株式会社は、令和3年度、ペットボトルの水平リサイクル実施に関する事業連携協定を締結しました。

この協定により、市で回収するペットボトルの一部は、新たなペットボトルとしてリサイクルされています。

また、サントリーホールディングス株式会社とは水平リサイクルの実施だけでなく、市民の皆様への環境学習や啓発などにも連携して取り組んでいます。

ペットボトルのリサイクルについて学びました!

今回、この協定による学習会を令和4年7月13日に、穂高北小学校で開催しました。

今年度から安曇野市で取り組んでいるボトルtoボトルのリサイクルについて、講師の先生の説明を聴き、「地球環境を守るために、自分には何ができるのか」をテーマに学習を行いました。

学習会を終えた児童は、「分別をしていない人に教えてあげて、自分もしっかり分別をしていきたい」、「分別をしてリサイクルボックスに入れるようにしていきたい」と今後のリサイクルに向けての抱負を発表していました。

サントリーの講師の方の説明を子どもたちが熱心に聞いています。 児童がペットボトルのリサイクル過程でできるフレークを見ています。 

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?