ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 産業 > 融資・支援制度 > 空き工場等活用促進事業 【安曇野市商工業振興事業】

空き工場等活用促進事業 【安曇野市商工業振興事業】

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月30日更新

市内の「空き工場等」を利用して事業拡大や起業を考えている中小企業者の方へ

空き工場等とは

市内の物件であって、前の入居者が退去した後、又は物件が完成した後3ヶ月を経過しても入居者が決定しない工場、若しくは事務所などの施設(現状変更等により工場、事務所等として使用する施設を含む。)をいう。

補助対象者(申請者)

補助金の交付を受けることができる中小企業者等は、次に掲げる要件を全て満たす者とする。
(1)市税を滞納していないこと
(2)事業に必要な許可等を取得し、又は取得見込みであること(許可が必要な事業を営む場合)。
(3)賃貸借契約後6ヶ月以内に操業を開始すること。

補助対象額について

中小企業者等が、空き工場等を賃借して活用し事業を営み、原則として5年以上継続して操業することができる。

家賃相当額は賃貸借契約書に記載された賃借料の月額とする。
家賃相当額に10分の5を乗じて得た額以内とし、1事業者月額15万円を限度とする。ただし、補助金の交付は3年以内(36ヶ月)とする。
※ 家賃相当額には敷金、礼金、保証金及び仲介手数料は含まれない。

交付申請に必要な書類

(1) 商工業振興事業補助金交付申請書

  交付申請書(入力用) [Wordファイル/46KB]

  交付申請書(手書き) [PDFファイル/96KB]

(2) 住民票(法人の場合は代表者)

(3) 営業許可証の写しまたは許可申請書副本(許認可を必要とする業種の場合)

(4) 法人にあっては、登記事項証明書及び定款の写し

(5) 空き工場等の賃貸借契約書の写し

(6) 事業計画書(事業開始予定者)

(7) 市税納税証明書(滞納のない証明) ※申請書の同意欄に同意いただけない場合のみ収納課にてお手続きください

   ※ 市税(固定資産税など)を口座引き落としにてお支払いの方は、口座振替後1週間ほど証明が発行できない場合があります。その際の確認書類として、ご来庁の際は税の引き落としが確認できる口座の通帳をご持参ください。通帳で引き落としの確認ができましたら証明書の発行ができます。

    市税証明の申請用紙はこちらからダウンロードできます [PDFファイル/96KB]

状況報告時の提出書類について (6月・9月・12月の年3回)

〇 状況報告時に必要な書類

7月(第1期)・10月(第2期)・1月(第3期)に提出する書類

(1)空き工場等活用促進事業状況報告書(様式第2号)

  状況報告書(入力用)   [Wordファイル/19KB]

  状況報告書(手書き用)  [PDFファイル/126KB]


(2)補助金交付(概算)請求書

  請求書(市へ補助金を請求する用紙) [Wordファイル/21KB]

  請求書(市へ補助金を請求する用紙)(手書用) [PDFファイル/72KB]

(3)家賃3ヶ月分の領収書の写し又は振込明細等支払い状況が確認できる書類の写し

  ※ 賃貸借契約書が更新された場合は、そのページの写しをご提出ください。

         (貸借契約者、家賃、更新契約期間が記載されたページの写し)

実績報告書の提出について (年度末、交付終了月に提出)

○ 実績報告書

  年度終了月(3月末)までに1月から3月までの家賃の状況報告を実績報告書にてご提出いただきます。

  又、年度途中に支払期間の満了を迎えた際も、同じように実績報告書にてご報告いただきます。

○実績報告書に添付する書類

 (1)実績報告書

   実績報告書(入力用) [Wordファイル/18KB]

   実績報告書(手書用) [PDFファイル/88KB]

 (2)請求書(市へ補助金の請求をする用紙)

   請求書(確定)入力用 [Wordファイル/21KB]

   請求書(確定)手書用 [PDFファイル/71KB]

   

 (3)1月から3月までの賃貸借代金の金銭の授受がわかる書類(領収書や支払証明など)

このページを見ている人はこんなページも見ています


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)