ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > まちづくり > 土地利用 > 土地利用制度(安曇野市の適正な土地利用に関する条例・施行規則、市土地利用基本計画、市土地利用ガイドライン

本文

土地利用制度(安曇野市の適正な土地利用に関する条例・施行規則、市土地利用基本計画、市土地利用ガイドライン

記事ID:0061100 更新日:2021年6月11日更新 印刷ページ表示

土地利用制度とは

 安曇野市では、

  • 立地・用途のルールと仕組み
  • 形態のルールと仕組み
  • 立地・用途、形態のルールの設定や運用に際して、住民が参加するルールと仕組み

これらを自主条例によって運用することを目的に、「安曇野市の適正な土地利用に関する条例(以下、「土地利用条例」)」を策定し、平成23年4月1日より施行しています。

土地利用制度を改正します(令和3年7月1日)

 制度の運用開始から10年が経過することから、開発動向の比較・検証や市民の土地利用制度に関する意向調査を行いました。

 その結果、市内の開発事業は全体としては概ね市の目指すべき方向に誘導されつつあり、現行制度の維持を望む市民の割合が多いことを確認しました。

 一方、当制度については、基準の過不足などにより、市民等に過度な手続きの負担を強いる場合がある等の課題を抱えていました。

 このため、制度のより一層の充実のため、条例や施行規則、基本計画等を改正しました(令和2年12月および令和3年3月議決)。

 改正後の土地利用制度は、令和3年7月1日から施行します。

 ※同日より前に開発事業提案書等を提出した開発事業については、経過措置規程が適用されますので、ご注意ください。

土地利用制度(令和3年7月1日施行)

安曇野市の適正な土地利用に関する条例、同施行規則 (令和3年7月1日施行)

様式集

 条例手続きに必要な様式等は、こちらのページからダウンロードしてください。

 → 土地利用条例 申請書様式

開発事業に係る技術的細目に関する規則

土地利用基本計画 (令和3年7月1日施行)

特定開発事業の認定に関する指針 (令和3年7月1日施行)

土地利用ガイドライン (令和3年7月1日施行)


※令和3年6月1日に掲載したガイドラインについて、一部誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

 令和3年6月1日から6月14日までの間にガイドラインをダウンロード等された方は、お手数ですが、再度ダウンロード等をお願いいたします。

 ※6月14日の修正箇所

  1. 17ページから18ページ 「2 開発事業の基準」のうち、森林環境区域における公共公益系施設の基準について、誤りを訂正
  2. 25ページから26ページ 「4 特定開発事業の認定に関する指針」のうち、3)工業系用途に関する指針について、誤りを訂正

全編ダウンロード

分割ダウンロード


 

経過措置(改正後の条例等の施行前に、開発事業提案等を提出された案件について)

 土地利用制度に関する条例や規則等には、経過措置に関する規程があります。

 このため、令和3年7月1日より前に開発事業提案書又は特定開発事業提案書を提出された開発事業については、「従前の例」により改正前の条例等の規程が適用されますので、ご注意ください。

適正な土地利用に関する条例、施行規則 (改正前:平成28年7月1日施行、平成31年4月1日一部改正

様式集

 経過措置の適用を受ける手続きに必要な様式等は、こちらのページからダウンロードしてください。

 → 市土地利用条例関連の申請書様式

開発事業に係る技術的な基準に関する規則

土地利用基本計画 (改正前:平成28年7月1日施行

特定開発事業の認定に関する指針 (改正前:平成28年7月1日施行

安曇野市の土地利用ガイドライン (改正前:平成28年7月1日施行

本編

 

概要版

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?