ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 人権・男女共同参画・相談 > 人権啓発・相談 > AV出演強要問題・「JKビジネス」問題等について

本文

AV出演強要問題・「JKビジネス」問題等について

記事ID:0035923 更新日:2020年2月14日更新 印刷ページ表示
近年、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題や、いわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業により児童が性的な被害に遭う問題などが発生しており、若年層の女性に対する性的な暴力に係る問題は深刻な状況にあります。

「モデルにならない?」「アイドルにならないか?」と誘われて「連絡先を交換しよう」と声をかけられた。

「高収入!」「チャットで話すだけ」「パーツモデル」というアルバイトに応募した。

その後、契約時には、聞いていない・同意していない、「写真」や「動画」を撮影されたという被害が増えて、社会問題化しています。

 また女子高校生にマッサージ等を行わせる「JKビジネス」から、同様の被害に巻き込まれるケースも増えています。

 

 

「NO!AV出演強要・JKビジネス」と題して、政府広報オンラインにて特集をしています