ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

[中央図書館]商用データベース

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

商用データベースのご利用について

インターネットブース

 安曇野市図書館で利用者登録している方であれば、商用データベースをご利用いただけます。
 大変便利なデータベースですので、多くの方にご活用いただくために、閲覧の仕方、閲覧できるデータベースをご案内します。また、ご利用いただけるのは、中央図書館のみですのでご注意ください。

  •  商用データベースとは…インターネットで提供されるデータベースのこと。中央図書館内では無料でお使いいただけます。

閲覧の仕方

 利用者登録後、館内インターネット利用申込書とデータベース利用申込書に記入していただき、利用者カードと一緒にカウンターへ提出して下さい。

  • 利用は1日1回1時間以内となりますので、ご了承ください。

データベース一覧

 利用できるデータベースは次の表の4種類になります。

商用データベース一覧
データベース名内容
信濃毎日新聞データベース信濃毎日新聞の記事・紙面検索。「明治・大正・昭和」の主な出来事の紙面及び1995(平成7年)7月1日以降の記事・紙面をほぼ完全収録しています。
ジャパンナレッジ・プラスN30種類以上の辞典、事典、雑誌記事、叢書などを一括検索で簡単に調べることができます。
ルーラル電子図書館農業に関する農文協の出版物(例:月刊誌『現代農業』や『農業総覧 原色病害虫診断防除編』、『農業技術大系』など)を、まとまりのある単位ごとに、収録しています。
官報情報検索サービス昭和22年5月3日・日本国憲法施行日以降から当日発行分(当日分は午前8時30分以降に公開)までの官報が検索できます。