ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

クーリング・オフ制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

訪問販売でセールスマンに勧められて契約したけれどもやはり必要のない買い物だった・・・。
こんな時は無条件で契約の解除ができます。これを『クーリング・オフ』といいます。

クーリング・オフの効果

  • 支払った代金は全額返金され、違約金等も請求されません。
  • 商品等を受け取っている場合は、送料は販売会社の負担で引き取ってもらえます。

クーリング・オフの条件

クーリング・オフの期間は通常は、契約書面を受け取った日から8日間または20日間(販売方法で異なる)になります。
ただし、脅されたり、だまされたりして契約した場合などはクーリング・オフ期間が延長されます。

クーリング・オフの仕方

クーリング・オフができる商法、商品・サービス、期間について、詳しくは、安曇野市消費生活センター(電話0263-71-2100(直通))、または中信消費生活センター(電話0263-40-3660)へご相談ください。

クーリング・オフの手続き

クーリング・オフの手続きは書面によって行います。
販売会社などへハガキにより「簡易書留」または「特定記録郵便」、「内容証明郵便」で通知するのが確実です。
またクレジット契約の場合は、信販会社への通知も必要となります。
定められた期間内に発信したことの証明責任は、消費者にあるので証拠の残る形にしておく必要があります。

  1. 下記の記載例のとおり通知書を作成し(横書きでもよい)、ハガキの両面をコピーして控えとしておく。
  2. 郵便局の窓口で簡易書留などにして発送する。
  3. ハガキのコピー簡易書留郵便物受領証などを大切に保管しておく。

ハガキでの記載例

ハガキでの記載例

ハガキ作成時の注意点

  • 必要のない文章は削除し、印は不要です。
  • 記載例中『なお、支払済みの○○円を返金し、貴社の費用で引き取ってください。』部分は販売会社のみで、信販会社への場合は不要となります。
  • 宛名は担当者ではなく、会社の代表者名宛にします。

【ハガキ表面】

○○市○○区○○町○○丁目○○番地
○○株式会社 代表者 殿

【ハガキ裏面】

契約解除通知
契約年月日  平成○○年○○月○○日
商品名    ○○○○○
契約金額   金○○○○○円
販売会社名  ○○株式会社○○営業所
         担当者○○○○氏

右記の契約は解除します。なお、支払済みの○○円を返金し、商品を貴社の費用で引き取って
ください。

平成○○年○○月○○日
   ○○市○○町○○丁目○○番地
            契約者氏名

最寄りの消費生活センター

安曇野市消費生活センター

【電話】0263-71-2100(直通)
【受付日時】月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前8時30分から午後5時15分まで

中信消費生活センター

【電話】0263-40-3660
【受付日時】月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前8時30分から午後5時