ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > ごみ・環境 > 環境保全 > 安曇野市の地下水保全に関するアンケート調査結果

安曇野市の地下水保全に関するアンケート調査結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

 安曇野市は、北アルプスから流れる豊かな地下水に恵まれ、その地下水はワサビ栽培や養鱒などの地域の産業を支えています。さらに地下水は、産業だけではなく、水道水として市民の皆さんの暮らしにも密接に関係しており、非常に大切な地域資源と言えます。

 しかしながら、近年、湧き水の量が減少している傾向が見られます。
 また、今後、地下水利用量が増加する可能性に備えて、地下水の保全のための取組の検討が必要になってきています。
 このアンケートは、市民の皆さまに、安曇野市の地下水に対する意識等についてご意見を頂き、これからの地下水保全の進め方に役立てることを目的として実施しました。

 現在、市では地下水の保全・慣用・適正利用に係る条例の平成24年度中の制定を目標に、地下水保全対策研究委員会を組織して検討をおこなっています。

調査票配布枚数 1,500人(住民基本台帳から20歳以上の個人を無作為抽出)
市民アンケート(平成23年7月実施)
配布数回答数回答率(%)
1,50057438.3

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)